6P3S CSPPアンプ・完成

このアンプを製作しようと思ったきっかけはミニオフ会だった。会場が広く、かつ音が抜けてしまうので、出力の大きいアンプが有利になる。

6P3Sx6.jpg
音質が良いアンプとしてはCSPPアンプがある。出力10WのCSPPアンプなら手持ちにあるので15W程度を目標にしたい。これに見合った出力管には6L6GCがある。調べてみると6L6GB相当でロシア管の6P3Sが安価に売られていることがわかった。


6P3S_loadline.gif
5kΩのOPTを使うとして、6P3Sの特性図にEb=275Vのロードラインを引いてみると出力は16Wと計算された。これなら実現可能だろう。

出力管のドライブ方法として、6550 CSPPアンプで使わなかったプレートチョークKL10-05があるのでチョークドライブを考えた。ドライブ管は同じくロシアの6N23Pとした。


6P3S_cspp_schematic4.gif
本機の回路図を上記に示す。17JZ8 CSPPアンプを解体し、OPTはASTR-20、電源トランスはPMC-190Mを再利用した。アンプ部は初段がFETの差動で3段アンプの構成とした。

電源部はPMC-190Mだと+B電圧が低いので、ヒーター端子の6.3V+5Vを倍電圧整流して嵩上げした。LTspiceでシミュレーションしたら、FETリプルフィルタの前に嵩上げしたほうが残留リプルが低くなったので上記の電源回路となった。


6P3S_cspp_layout_design1.gif
アンプのレイアウト図を上記に示す。シャーシは奥澤O-40(W330mm×D220mm×H50mm t1.5mm)のアルミシャーシにした。シンメトリー配置とし、プレートチョークはトランスケースへ入れることにした。すこし大きめでゆったり配置となった。


6P3S_cspp_painting6.jpg
プレートチョークを入れるトランスケース。W60mm×D60mm×H90mmでt1.6mmの鋼板製。


6P3S_cspp_painting10.jpg
塗装のクリアの仕上げでマットのスプレーを使ったら磨きをかけても綺麗に光沢が出ず、結局マット仕上げとした。

製作当初は6P3Sのプレート電流を20mA程度にケチったら、出力を上げるとクロスオーバー歪みが出てしまい、カソード抵抗を低くしてプレート電流を31mAまで増やした。これでも最大プレート損失20Wに対し8.4Wなので軽い動作になっている。また裸利得が66倍程度と多いので、初段FETのソースに入っている抵抗を見直して電流帰還をかけ、裸利得を46倍まで減らした。


6P3S_cspp_characteristic2.gif
諸特性を測定。総合利得は14.7倍(23.3dB)でNFB量は9.9dBとした。出力は15.1Wで目標を達成。出力管のヒーターはH-K耐圧が低いためフローティングとなっているが、残留ノイズは60~70μVと低く抑えることができた。詳細な特性はこちらを参照。


6P3S_cspp_outside10.jpg
いろんな角度からブツ撮りをしてみた。


6P3S_cspp_outside11.jpg
6P3Sを4本、前面に並べたので目立っている。電源トランスより背が高いので落とし込みにしたほうが良かったかもしれない。


6P3S_cspp_outside12.jpg
トランスの重量配分が良く、持ち上げても安定している。


6P3S_cspp_outside13.jpg
シャーシサイドには合わせ目を隠すためアクリルパネルを貼り付けた。


6P3S_cspp_outside14.jpg
シンメトリーなのでどちらから見ても同じ。


6P3S_cspp_outside15.jpg


6P3S_cspp_outside16.jpg
面倒なのでレタリングは省いた。


6P3S_cspp_inside8.jpg
シャーシ内部。大きめのシャーシを使ったせいか案外閑散としている。中央の平ラグは電源部で、リプルフィルタのFETをシャーシに固定して放熱している。シャーシ内には殆ど発熱するパーツがない。


6P3S_cspp_outside17.jpg
駄耳の私による試聴結果を書いておくと、音色に優雅さがあってこれが躍動感と評するものなのかもと思っている。6N23Pのプレートチョークドライブで音色づけがなされているのだろう。出力に余裕があるのでスケール感も十分。音を繊細に聴かせるという感じではないので、音楽を聴くより音を聞き分けるほうが重要と考える人には不向きといえる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

kurod@
2020年02月09日 20:09
後れ馳せながら、完成おめでとうございます
この球は3結で使った音が好きでTU-8200で使っていました
おんにょ
2020年02月09日 21:38
kurod@さんこんばんは。どうもありがとうございます。
私がCSPPアンプで使った6550以外の17JZ8,6T9,PCL83,12A6GTY,6P3Sはいずれも認知度の低いタマで、どのアンプも良い音が出ています。
2020年08月03日 17:34
こんにちは
ラジオのお部屋掲示板をやってます嶋村です。
お部屋の掃除で、下記に掲示のキットらしきものが
出来てました。
真空管が6P3S*2本+12AX7が1本で、その他の部品が
下記ページに記載したものです。
https://8252.teacup.com/jh4abz/bbs/7061
https://8252.teacup.com/jh4abz/bbs/7062
6P3Sで、検索したら、おんにょさんのページに来まして。
このキット、元の回路図等が無く、なにか、ヒント、参考になる回路図がありましたら、教えていただきたく、よろしくお願いします。
電源トランス、出力トランスも出てきませんでした。
部品は、現品にこだわる必要はないのですが、できるだけ
あり物で作りたいのが本音です。
気になるのは、1本しかない抵抗で、91K,10Kですが、
スクリーングリッドは、2本の6P3Sで、兼用してるのかな?とか
少々疑問に思いつつ、お伺いしてみようと思った次第です。
もし、可能でしたら、上記掲示板に返信いただくと助かります。
ラジオのお部屋 嶋村
おんにょ
2020年08月03日 19:00
嶋村さんこんばんは。
中華製のキットですとネット上に回路図は殆ど見つかりません。
6P3Sは6L6GB相当なので6P3Pシングルアンプの亜流かもしれません。
パーツから考えると初段は12AX7の片ユニットを使い、出力段は6P3SのUL接続かと思われます。5結だと利得が多すぎるからです。
電源はダイオードが5本あることからブリッジ整流で1本は不明。
たぶんチョークを使っていると思います。
6P3Sが2本必要なのになぜか4本?
トランス類が不明なのでこの程度しかわかりません。
電源トランス・チョークコイル・出力トランスはアンプの価格の殆どを占めますので、数万円の出費が必要です。
嶋村
2020年08月03日 22:26
回答ありがとうございます。
もう少し探してみます。
ULだと、トランス高そう..な気がしますね。
年金生活にはきついかな(笑)
嶋村
2020年08月05日 10:09
たびたびすみませn。
以下に、入っていた部品から想像した回路図を書いてみました。
https://8252.teacup.com/jh4abz/bbs/7066
わたしは、規格を見て、真空管アンプを設計する技量はありませんので、ぜひ、ご指導いただけたらと思います。


おんにょ
2020年08月05日 18:59
嶋村さんこんばんは。
掲示板にコメントを書き込みました。
OPTは1次3.5kで10Wクラス、電源トランスは250V200mAクラスでしょうか。
出力は7.5Wくらい出るようです。
嶋村
2020年08月05日 19:54
ありがとうございます。
嶋村
2020年08月05日 22:02
回路図、教えていただいたお話をもとに、書き直してみました。
理解ができてないかもしれないのですが。
嶋村