6P3S CSPPアンプ・電源部のテスト

ちまちま進む6P3S CSPPアンプの進捗。+B電源基板に配線する。電源トランスの190mA端子への配線を忘れて基板を一旦はずしてハンダ付けした。


6P3S_cspp_B_test.jpg
配線後に接続チェックしてOKだったので電源基板のテストを行う。+Bは306V、初段電源は43V、-Cは-13Vになった。AC100V換算では+Bは301Vとなり設計どおりとなった。初段電源はツェナーに回路の電流が流れるので高めに出ているはず。


6P3S_cspp_power_schematic1.gif
回路図に実測の電圧を記入。+BとGND間に2895Ωを接続、106mA流れている。また-Cには1.5kΩを接続、8.7mA流れている。

後で6P3Sと6N23Pを挿してテストしたところ、AC100V換算で+Bはやはり301Vとなったので問題なしと判断。

今後の予定は一気に配線を進めるが、配線が完了するのは来週に入ってからかなあ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント