6P3S CSPPアンプ・レイアウト検討

6P3S CSPPアンプのレイアウト検討をしてみた。プレートチョークKL10-05はケースに入れシャーシ上に置くことにした。
6P3S_cspp_layout_design.gif
現状ではこんなかんじ。17JZ8 CSPPアンプのシャーシW300mm×D170mmではとても収まらず、奥澤O-40(W330mm×D220mm×H50mm t1.5mm)のアルミシャーシにした。すこし大きめでゆったり配置となった。

今回はシンメトリー配置とし、チョークは電源トランスの後ろに2個並べた。6P3Sは前面に持ってきて6N23Pはその後ろに置いた。

平ラグは10Pが初段アンプ部、中央に12Pの電源部、6P3Sのソケット固定ネジと共締めで6Pの出力部DCバランサを想定。

6P3SのカソードCRはまだ配置場所を決めていない。どこかに平ラグを固定して取り付けようかと考えている。

シャーシの奥行きD220mmはドリルスタンドの懐のリミットで中央部の穴が開けられない。平ラグと電源トランスの固定ボルト2個はドリルの手持ちで開ける必要がある。下手くそだからどうしてもずれちゃうんだよね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント