6P3S CSPPアンプ・仮組み

金属加工が終わったので仮組みをしてパーツの干渉などがないか確認する。USソケットと共締めするスペーサーに20mmのものが手持ちになかった。仕方ないので10mmのスペーサーを2個つなげて代用した。プレートチョークとトランスケース底部プレートの共締めが難しかったがクリア。


6P3S_cspp_inside1.jpg
パーツを取り付け終わったシャーシ内部。ゆったり配置で干渉は問題なし。OPTの配線をカットして短くなっているので、つないで伸ばす必要がある。


6P3S_cspp_outside1.jpg
正面から「観球アンプ」。


6P3S_cspp_outside2.jpg
やはり出力管が前進して見える。


6P3S_cspp_outside3.jpg

6P3S_cspp_outside4.jpg
特に問題なさそう。

今までは試作機を組み立てて問題点抽出を行い、本番機を製作していたが、今回はいきなり本番機でも良いかなと思っている。裸利得が30~40倍程度ならOKで、それより多い時には初段FETのソースに入っている抵抗を調整するつもり。後はバイアス調整が調整可能か(6P3Sのバラツキがどうなのか不明)、NFB量のチューニングくらいと予想している。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント