6P3S CSPPアンプ・ドライブ方法を考える

6P3Sx6.jpg
届いた6P3Sが6本。結構大きくて、高さは袴の下からてっぺんまで90mmある。前回の構想はこちら

出力の目標は15Wとして、ドライブ方法はどうしようか。まず必要なドライブ電圧を求めてみる。

OPTの変圧比は√(5000/8)=25:1
8Ω15Wの電圧は√(8*15)=10.95V
OPTの1次側では10.95*25=273.75V
出力管の利得を1.6とする(大体こんなもん)
273.75/1.6=171.1V
差動だから半分
171.1/2=85.5Vrms
波高値では
85.5*2.83=242Vp-p

ということで、ドライブ電圧は242Vp-p必要と出た。

ドライブ回路はFET-3極管カスコード差動だとドライブ電圧を確保するのが難しい。ブートストラップは音色が気に入るかどうか。OPアンプで3極管をドライブする回路(CasComp応用回路)はOPアンプを使うのが嫌。それならプレートチョークドライブはどうだろう?

プレートチョークドライブはドライブ電圧が大きく取れる反面、チョークの置き場所が必要。手持ちに染谷電子のKL10-05があるので使ってみようかな。


KL10-05_impedance.GIF
プレートチョークのインピーダンス特性。並列に次段のグリッド抵抗を接続することで特性が変わる。6550 CSPP試作機では47kΩとしたが、ドライブ電圧は242Vp-pの1割増し程度あれば良いのでもっと低くしたい。なぜかというと10kHzでのレベル落ちが気になるから。これが10kHzでの歪率悪化に影響してくる。33kΩとして合成インピーダンス30.4kΩでやってみる。


6N23P_loadline.gif
ドライブ管を6N23Pとして30.4kΩのロードラインを引いてみた。6N23Pの特性図はロードラインが引きにくいのでECC88のを使った。回路は6550 CSPP試作機のものを殆どそのまま使用。動作点はEb=261.7V、Ip=5.6mA、Eg=-9.4Vとしたが、試作機での実測値に合わせている。

ドライブ電圧を計算してみると341Vp-pが得られた。これなら十分242Vp-pをクリアする。グリッド抵抗をもっと低くできそうだが、とりあえず33kΩで設計する。


6P3S_cspp_schematic_amp.gif
アンプ部の暫定回路を上記に示す。3段アンプの構成とした。プレートチョークはDCバランス調整が必須なので、出力段も同様にDCバランス調整とした。2個調整するのも4個調整するのも殆ど同じだから。


6P3S_loadline.gif
6P3Sの特性図に設計での電圧を合わせ込んでロードラインを引き直した。計算上の出力は(275-75)*0.16/2=16Wとなった。

利得は2SK117BLのgmによって変わるので、選別後にバラックを組んでフィッティングするのが良さそう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2019年12月04日 00:14
6N23Pのカソードに、プレート電流測定用の抵抗があった方が良いと思います。
おんにょ
2019年12月04日 19:00
klmnjiさんこんばんは。
KL10-05の巻線DCRを測定しました。室温13℃
No.18 1-CT 840Ω CT-3 838Ω
No.19 1-CT 839Ω CT-3 838Ω
巻線間でDCRが揃っているのでプレート~プレート間で電圧が等しくなるようにDCバランスを調整すればOKです。カソード電圧からプレート電流が算出できます。