6DN7シングルアンプ・本番機配線

6DN7シングルアンプ本番機の配線を始めた。試作機の配線はカットして短くなっていたりするので再利用せずに新しい配線を使う。古い配線の長さがわかっているのでやりやすい。


6DN7_single_inside11.jpg
まずAC1次配線を済ませて電源トランスの電圧を確認。ヒーター配線が終わったところ。


6DN7_single_outside7.jpg
点灯式。ヒーター電圧は6.3Vだった。


6DN7_single_inside12.jpg
+B電源基板に配線して電圧の確認。ダミー抵抗は5530Ωとした。設計とほぼ同じ電圧が出ることを確認。

GND配線、真空管ソケット周りの配線、アンプ部の配線をする。入力のシールド線は新規に作り直した。配線が揃ったらアンプ部の平ラグに一気に配線を接続する。

後はカソードCRなどを取り付けて完了。


6DN7_single_inside13.jpg
配線とCR取り付けが終わったシャーシ内部。プレート配線やOPTへ行く配線は初段系から遠ざけるようにした。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント