6DN7シングルアンプ・試作機を解体

6DN7シングルアンプの試作機を解体した。シャーシ、裏蓋、トランスケース、チョークコイルを塗装して本番機として組み立てる。


6DN7_single_dismantling.jpg
バラバラになった。


6DN7_single_inside8.jpg
前に戻るけど、実験で残留ノイズが0.1mVから0.3mVに増えたのが気になる。+Bの残留リプルによるものと考えて、+B電源回路にチョークを入れることにした。+B電源基板をすこし上に移動する。



6DN7_single_inside9.jpg
+B電源基板の固定穴を移動した。クリアランスがぎりぎりだけど収まることがわかった。


6DN7_single_schematic9.gif
+B電源回路にチョークCH-1150を入れた。カソードバイパスコンデンサC2が+Bにつながっているのは、実験での試聴結果が良かったため。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント