6DN7シングルアンプ・チューニング

いや、チューニングというほどではないけど。NFB抵抗と並列に抱かせた位相補正容量(150pF)を取ってしまった。もうすこし高域に輝きが欲しいと思ったから。


6DN7_single_schematic7.gif
C10を削除。


6DN7_single_freq7.gif
位相補正容量無しの周波数特性。100kHzあたりに0.3~0.4dB程度の小ピークがある。


6DN7_single_freq8.gif
Lchの位相補正容量有り無しの周波数特性。


6DN7_single_freq9.gif
Rchの位相補正容量有り無しの周波数特性。

位相補正無しの場合は位相余裕がすこしだけ無くなっているはず。ただ絶対的安定を求めるために対策をするのは良くない。方形波観測してオーバーシュートやリンギングを取ってしまうと音まで影響する。

音質的には十分満足できるレベルに達したと思う。ただパーツをオーディオ用に換えたら音が変わるだろう。だがそこまで敏感な良耳ではないし、何か思いついたらやってみよう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント