6DN7シングルアンプ・レイアウト検討

早速東栄変成器で電源トランスのPT-10Nを入手した。箱から出してみるとコアの端面が見えない。磁気シールドが入っている。もしかしてショートリングも巻かれているのかと分解してみたが、そうではなかった。 PT-10NのサイズはW82mm×D68mm×H62mm(シャーシ上)で、ゼネラルトランスのPMC-95M(W82mm×D68m…
コメント:0

続きを読むread more

6DN7シングルアンプ・バラックでテスト

TU-894(改)のパラレルフィード実験の結果が良かったので、同じOPTとチョークコイルの組み合わせで他の真空管でもテストしてみようと考えた。そこで以前6DN7シングルアンプの回路設計を行ったことがあったので、通常の場合とパラレルフィードで比べてみることにする。 通常の回路図を上記に示す。OPTはT-4646Sで出力容量は…
コメント:0

続きを読むread more

TU-894(改)・パラレルフィード実験再び

以前の実験ではパラレルフィード用のOPTにOPT-5Pを使ったが、これはインダクタンスが実測12Hと低かった。手持ちにKA-8-54P2があるのでインダクタンスを測定したら106Hあった。これならパラレルフィード用のOPTとして使えるはず。 前回の実験で使用したチョークコイルCH-3045Z(30H45mA)があるので試してみよう…
コメント:0

続きを読むread more

E130シングルアンプ・OPT換装後の特性測定

塗装の終わった電源トランスの上部カバーに銘板を両面テープで貼り付けた。 OPTをOPT-S14からPMF-7WS-1014に換装した後の特性を測定してみた。OPT-S14での特性はこちら。 諸特性。周波数特性は帯域が低いほうへ移動した。出力は2.8W~2.9Wとなった(詳細は後述)。利得はOPTの変圧比が変わったのだがあ…
コメント:0

続きを読むread more

E130シングルアンプ・OPTを換装

PMF-7WS-1014のバンド固定部を真っ直ぐに伸ばし、トランスケースに入れて周りにカットした厚紙を押し込んだ。OPTが動かなくなったらOK。 こんなふうになった。バンドの固定部とトランスケースの固定プレートが接触しており、OPTがずれることは無い。 OPT-S14の入ったトランスケースをはずし、PMF-7WS-1…
コメント:0

続きを読むread more

E130シングルアンプ・PMF-7WS-1014を試す

E130シングルアンプのOPTをアンディクスオーディオのOPT-S14からゼネラルトランスのPMF-7WS-1014に換装してみようと思う。前回の拙記事でインダクタンスは約30Hあることがわかったし、低域のレベル低下が抑えられるかもしれない。 E130はIpが25mAと設計当初より低くなっているので、OPTの1次インピーダンス14…
コメント:0

続きを読むread more

ゼネラルトランスのPMF-7WS-1014

ゼネラルトランスのPMF-7WS-1014を入手した。E130シングルアンプのOPTを換装するつもりで思い切って買った。そこでバラックでテストをする前にいろんなデータを取ってみた。 仕様を上記に示す。1次10kΩ-14kΩで2次4Ω-6Ω-8Ω-16Ωとなっている。出力容量は7W(50Hz)。重畳DC最大電流は55mA…
コメント:2

続きを読むread more

42シングルアンプ・特性測定

42シングルアンプ1号機は結局OPTをイチカワトランスITS-10Wのままとした。残留ノイズの解析を行ったが、76のヒーターハムが主体のようだった。ヒーターバイアスを試したところ、Lchは半減したがRchはむちゃくちゃ増えてしまうので断念した。 予備の76を使って利得を揃えるようにタマの並びを変えた。また30kHzのピークはNFB…
コメント:0

続きを読むread more

42シングルアンプ・OPTを換装する?

11年ぶりに42シングルアンプ1号機を引っ張り出してきた。OPTをイチカワトランスのITS-10WからWELCOMEのT-4646Sへ換装しようと思う。とりあえず現状の特性がどうなっているのか確認してみた。 周波数特性。低域と高域(30kHz)にピークがあるし、さらに高域にはピークとディップが繰り返し出ている。低域のピ…
コメント:2

続きを読むread more

今後の予定

今年(2019年)は新規アンプとして4P1Sシングルアンプ・E130シングルアンプ・12A6GTY CSPPアンプ・4P1Lシングルアンプとすでに4台製作している。このままいくとあと2台くらいは作ってしまいそうだ。だからなるべく新規アンプは控えて既存アンプのリニューアルをしようかと考えている。 42シングルアンプ1号機はも…
コメント:0

続きを読むread more

FET選別治具のリニューアル

FETの選別には以前製作した治具(じぐ)を使っていたのだけど、手を近づけると値が変動する(ボディエフェクト)、ICクリップでFETを接続するのが手間などの問題があった。そこでZIF(ゼロプレッシャー)ソケットを使ってリニューアルすることにした。参考にした元記事(FET & CRD選別冶具(改訂版))はこちら。 100円ショ…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lシングルアンプ・完成

手元にあった4P1Lを眺めていたら、ついシングルアンプを製作してみようかなと思ってしまったのであった。3結での最大プレート損失は8Wあるので、軽く使ってミニワッターを製作した。 電圧増幅段は半導体構成とし、4P1Lのグリッドを直結ドライブする。電源部はFETリプルフィルタで残留ノイズの低減を図る。4P1Lのフィラメント電源には…
コメント:4

続きを読むread more

4P1Lシングルアンプ・特性測定~試聴

NFBをかけることにし、ボリュームで値を探ったら6dBで3.9kΩ弱になった。ところが3.9kΩの抵抗の手持ちが無い。そこで3.3kΩと560Ωの直列で3860Ωを入れてみた。 回路図を上記に示す。R8がNFB抵抗。 詳細な特性を測定した。NFB量は6.1dB~6.2dBとなった。周波数特性は高域-3dB点が…
コメント:0

続きを読むread more