4P1Lシングルアンプ・トランスケースの製作

4P1L_single_transformer_case3.jpg
60mm×60mm×60mmの鉄の角パイプを入手したのでトランスケースを製作しようと思う。トランスケースには東栄変成器のOPT、T-1200を入れる。角パイプは厚さが1.6mmある。鉄製なのは、少しは防磁効果を期待してのこと。


4P1L_single_transformer_case4.jpg
厚さ1.5mmのアルミ板を2枚ピラニア鋸でカットした。角パイプの断面は正確な正方形ではなく少しいびつなので大きめにカット。画像左の瞬間接着剤で貼り合わせることにした。


4P1L_single_transformer_case5.jpg
瞬間接着剤が固化するまで上にトランスの重しを乗せた。


4P1L_single_transformer_case6.jpg
作業台に固定して棒ヤスリでツライチになるように削る。なお今回は上部にRを付けない。


4P1L_single_transformer_case4.gif
トランスケース下の固定パネルの加工図。


4P1L_single_transformer_case7.jpg
固定パネルを加工中。サークルカッターで20mm径の穴を開けた。


4P1L_single_transformer_case8.jpg
トランスケースに固定するためコの字に曲げる。パネルにはあらかじめ裏表に罫書き線を入れ、作業台と木に挟んで曲げた。


4P1L_single_transformer_case9.jpg
2枚出来た。


4P1L_single_transformer_case10.jpg
カレイナットを圧入した。圧入にはステンレスの六角穴付きボルトと六角レンチを使った。脱落防止にナットの周りには瞬間接着剤を染み込ませた。ネジ穴に接着剤が付かないように注意。


4P1L_single_transformer_case11.jpg
コの字にした固定パネルをネジ止めするところに角パイプへ穴を開けた。穴位置は微調整が必要だった。固定パネルと角パイプがきっちり合わさるようにする。少々緩くても問題ない。角パイプと固定パネル、それぞれの向きを決めてある。シロートの工作だから個々に向きも合わせる必要がある。


4P1L_single_transformer_case12.jpg
それぞれをはめ込んでネジで固定するとこんな感じ。


4P1L_single_transformer_case13.jpg
浴室でペーパーを使って水研ぎ。段差が少なくなるようにする。


4P1L_single_transformer_case14.jpg
プラサフを2回塗ったところ。よく見ると段差が消えていないが遠目に見て目立たない程度になれば良い。


4P1L_single_transformer_case16.jpg
マットの黒で2回塗装した。


4P1L_single_transformer_case17.jpg
いやーこれは冗談ね。たまたまあったので置いてみた。


4P1L_single_transformer_case15.jpg
OPTはバンドの固定部分をピラニア鋸でカット。OPTをケースに入れ、周りに厚紙を敷き詰める予定。こんな面倒臭いことをしなくてもバンドカバー型のT-1200Rを使えばトランスケース無しでいいんだけどね。

アルミ板は手持ちのを使ったし角パイプ代+送料の1,430円で済んだ。それにしてもピラニア鋸を使っていたら腕がだるい。滅多に使わないから筋肉が退化した。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント