4P1Lシングルアンプのレイアウト構想

12A6GTY CSPPアンプが完成したばかりだというのにもう次期アンプのことを考えている。そんなに急がないで1ヶ月くらい製作を休めば良いのだが困ったもんだ。

次期アンプというのは4P1Lシングルアンプで、以前構想を記事として書いたことがあった。4P1Lを軽く使って出力1W程度のアンプを作りたいな、というもの。


4P1L_single_layout.jpg
レイアウト図はこんな感じで考えてみた。オーソドックスな配置だが、電源トランス前が空くのでチョークを持ってきたりして。シャーシは(株)奥澤のO-27を考えているが、ゼネラルトランス(株)の商品一覧の中に無いので取り寄せてもらえるかどうか確認する予定。でなければSC-35が同じ大きさなのでこちらを購入するかもしれない。


4P1L_transformer_case.jpg
トランスケースにちょうど良い大きさのが見つからないので上記みたいなことを考えている。鉄の角パイプの上下をアルミ板でフタをしようというもの。イバラの道を進むことになった。横山テクノに切り売りで注文してみた。W60mm×D60mm×H60mmでt1.6mmの予定。2個で740円、送料が690円。果たしてカットしてもらえるかな?電源トランスのシャーシ上の高さが実測60mmなので、ほぼ同じとなる。


4P1L_single_schematic1.gif
回路図は+B電源部にチョークコイルを入れたのと、4P1L用のフィラメント電源を3端子レギュレータに変更した。このほうが小さくなるかなと思って。

まだいろいろ考えている段階だから今後変更があると思うし、製作するのを止めてしまうかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

klmnji
2019年07月30日 00:00
私も5A6シングルでヒーターに3端子レギュレータを用いました。
★良い点
AC100Vの変動や電源トランスの状態によらずヒーター電圧が常に一定になります
★気になる点
C-R-Cのπフィルターに比べ、電源ONですぐにヒーター電圧に達してしまいます(何となく気になります)
★注意点
念のため、OUTからINに整流ダイオードを付け、逆電圧を防止しておきました
おんにょ
2019年07月30日 18:52
klmnjiさんこんにちは。
5A6は電池管ですので、いきなり電池でフィラメントを点火することを考えると問題ないのかもしれません。4P1Lは電池管かどうかわかりませんが同様でしょう。