12A6GTY CSPPアンプ・本番機組み立て開始

12A6GTY CSPPアンプ本番機の組み立てを始めた。外装パーツの取り付けって気が進まない。というのは組み立て時にシャーシの塗装したところを傷つけてしまうからで、せっかく綺麗に塗装したのにタッチアップしなきゃいけなくなったりするから。こんなこと多分自分だけだと思うけど。

仮組み、試作機と組んでいるから組立順序がわかっている。最後に電源トランスを固定しようとしたらボルトが穴に入らない。再組み立て時にボルトの位置がずれてしまったんだね。すこし叩いて押し込んでしまったからもう外れない。本来ならボルトを緩めて位置を修正すれば良いのだが。ワッシャとヒータートランスのバンドカバーが干渉したのでワッシャの端をカットした。


12A6GTY_CSPP_outside7.jpg
とりあえず外装パーツが取り付いた。


12A6GTY_CSPP_inside11.jpg
シャーシ内。OPTからの配線が邪魔なので先に処理しようと思う。これを先にトランスケースに押し込もうとするとトランスケースの取り付け板とシャーシの間に挟まってしまったりする。


12A6GTY_CSPP_inside12.jpg
にゅ~っと伸びている白い配線はヒータートランスのAC100V側。ハンダ付けし難いので先に配線した。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント