12A6GTY CSPPアンプ・OPTをケーシング

12A6GTY CSPPアンプのOPT、ASTR-30Sをトランスケース(W71mm×D71mm×H74mm)にケーシングする。トランスケースは厚さ1mmの鋼板製。


画像

まずはトランスを固定するプレートの製作。裏蓋を作った余りのアルミ板(厚さ1.2mm)に穴開けした後にカットする。


画像

完成した固定プレート。カットにはピラニア鋸を使った。配線を通す穴はリューターにつけたペーパーコーンで引っかかりがないように丁寧にバリを取った。


画像

ケースに入れる前に撮影。肝心のOPTがピンぼけだ。画像に写っていないがM3のナットとスプリングワッシャが8個ずつ必要。


画像

OPTをプレートに固定した後にトランスケースの取り付け板に固定。後はケースに収めるだけ。


画像

2個のOPTのケーシングが完了。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック