E130シングルアンプ・試作機を解体

E130シングルアンプ試作機の解体を始めた。シャーシと裏蓋の塗装をして本番機として組み立てる。

まずトランス類を外した。後は配線を外しつつパーツを外していった。全てのパーツがバラバラになったらCRのリードや平ラグ基板についたハンダをSPPONやハンダ吸い取り線で取り除いた。シャーシはLchのカソードチョークの固定穴を追加する。


画像

これで再びパーツ状態になった。


画像

シャーシと裏蓋の溶接跡やバリ、ケガキ線、傷をペーパーコーンを付けたリューターで削った。撤去した電源チョークや移動したカソードチョークの固定穴はパテ埋めする。


画像

順番が前後するけど塗装するため電源トランスの銘板を外した。カッターで縁を持ち上げてテグスを入れ、ノコギリの要領で接着剤をカットしたら取れた。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック