第2回 ラテンアメリカの道フェスティバル

2019年5月3日(金・祝)にお台場で演奏してきました。下のチラシの16:30シクリアーダ・パレードというのがそれです。場所は自由の女神像からスタートし、30分かけて300mほどのコンコースを練り歩きました。5月4日・5日も演奏があって、沢山の出店もあります。

ご参考 第2回ラテンアメリカの道フェスティバル

画像

フェスティバルのチラシ(pdf、全6ページ、12.8MB)

滅多にないイベントだけど、なんかもうでかい太鼓を抱えて人混みの中を移動するのは大変でした。

画像

↑自由の女神との対比がシュールですね。

画像

画像

↑ボリビアのバンダ(鼓笛隊)の演奏パレード。

画像

画像


画像

↑これはボリビアのグループの踊りでディアブラーダ(悪魔の踊り)と呼ばれています。

画像

↑私と妻で参加したシクリアーダ(ボリビアの伝統楽器、シーク(管楽器)とボンボ(太鼓)による演奏パレード。

画像


久しぶりにスペイン語の会話ができて嬉しかった。というか、ここではスペイン語が標準語という感じ。日本にもこんなに南米から来た人がたくさん居たんだね。

むかしボリビアのラパスで行われたヒスカ・アナタという伝統楽器を使うパレードに参加したことがある。その時はタルカ(管楽器)によるタルケアーダだったのだが、行進中に黒人が思いっきり応援してくれて嬉しかったのを覚えている。ボリビア人に混じって外国人(アジア系)がいたのが珍しかったのかな?この時は会場に向かう途中で建物の上から臭い水!が降ってきたりしてヘンテコな歓迎ぶりだった。

ボリビアといえばウユニ塩湖が特に有名だけど大部分はアルティプラーノと呼ばれる高地が広がっている。標高は4000mもあって山じゃなくて地球のふくらみという感じ。高地のため気温が低めで紫外線が強く、空気が薄い。一方、東部はブラジルに接していてアマゾンの低地となっている。


画像

↑これはボリビアのポン・デ・ケイジョ(クニャペ)と呼ばれているチーズパンで、美味しかったので沢山買ってきちゃいました。外側はフランスパンみたいで中はしっとりもっちりとしています。


画像

↑これはディプロマと呼ばれる参加証。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック