MCカートリッジをテストする

手持ちのMCカートリッジにオーディオテクニカのAT-32EとAT-33Eがあり、AT-32Eをメインに使っている。AT-33Eは何か調子が良くないようで使っていない。気の所為かもしれない。

AT-33Eの何が悪いのか。それにはテストレコードを入手してチェックするしかないだろう。2個のカートリッジを比較すれば何かわかるかもしれない。


画像

左がAT-33Eで右がAT-32E。レコードプレーヤーのKENWOOD KP-880DIIはストレートアームで、ヘッドシェルに角度がついた特殊なもの。


画像

テストレコードはEPの中古を入手した。カートリッジの状態が判れば良いのでサイン波と周波数特性測定用にスイープ波形が入っているものが欲しかった。古いレコードでノイズだらけだったので水洗いした。

Windows7のPCとWaveSpectraで波形を表示する。USBオーディオインターフェースにSE-U33GX、フォノイコライザは自作の真空管式とSE-U33GX内蔵のものを試してみた。昇圧トランスはSONY HA-T30。


画像

AT-32Eで20Hz~17kHzをスイープして周波数特性を表示させた。赤はLchで青はRch。上記は自作の真空管式のフォノイコライザを使用。SE-U33GXでも試してみたが特性は同じだった。


画像

こちらはAT-33E。どちらも同じような特性で低域のレベル差まで一緒。高域に向かって落ち込んでいるのはレコード自体がそうなのか、インピーダンス・マッチングなど測定系がそうなのかわからない。カートリッジの高域が2個とも落ちているのか、それともレコード自体がそうなっているのか。


画像

AT-32EのLchの1kHz歪率。ノイズが多くてTHD+Nが悪くなってしまう。変動する一瞬を切り取っただけなので非常に不安定。


画像

AT-32EのRchの1kHz歪率。


画像

AT-33EのLchの1kHz歪率。AT-32Eとあまり変わらない。


画像

AT-33EのRchの1kHz歪率。

歪率測定は何を評価しているのかよくわからないけれど、少なくとも2個のカートリッジが同じ程度であることがわかった。

もっと正確に測定するには日本オーディオ協会のオーディオチェックレコード AD-1 を入手するしかあるまい。たった2個を評価するのに5,000円弱のお金を出すのは今回の目的に合わないので見送ることにした。

AT-33Eを使いレコードとCDで同じ音源を比較して聴いた感じはどちらも同じようなので自分的には問題ないと判断する。

カートリッジって使わないでずっと置いておくのが良くないらしい。入手してから35年以上は経っているし、それなりに使えるのが幸運と思ったほうが良いかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

MM男
2019年06月02日 19:43
テストレコードの結果は興味深いですね、MMだとどうなるのでしょうか?
おんにょ
2019年06月02日 21:30
MM男さんはじめまして。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
まともに使えるMMカートリッジを持っていませんので残念ながらテストすることができません。
中電の方のお話ですと、MMカートリッジは高域にピークが出るのですが、その出方によって音が違って聞こえるのだそうです。
前の初心者
2020年10月21日 06:03
 おんにょ様
私は先日ぺるけ師ホームページを参照して 12AX7phonoEQver1 と
Tr式MCヘッドアンプ を製作しました。(木製ケース等の外装は一部未完)
phonoEQver1 の電源部は ZT-5VA と J-1205 のトランスでアンプ部と分離した1mm鉄板ケースで、回路はver2です。

35年位前から使用していないプレーヤーやカートリッジを部屋に運び込み試聴を開始しました。
MCカートリッジは日本コロンビアのDL-103は45年位前に購入したもので歪が多くて利用困難でしたが、40年位前に購入したDL-301は問題なく利用できそうです。

あきらめていたMCカートリッジですが、当ブログは参考になりました。
ありがとうございました。
おんにょ
2020年10月21日 19:09
前の初心者さんこんばんは。
拙記事がお役に立てて良かったです。
古いカートリッジだとダンパーがヘタっていることがよくあるみたいです。
前の初心者
2020年11月13日 16:27
 おんにょ様
私の10月21日のコメントが一部誤った内容であることが判明
しましたので、お知らせすると共にお詫び申し上げます。
 ・誤った内容
  ~日本コロンビアのDL-103は45年位前に購入したもので
  歪が多くて利用困難でしたが、

 ・正しい内容
  昨日、DL-103に交換試聴および本日朝から再度の試聴を
  行い歪が感じられないことを確認
  (両カートリッジ共に利用可能)

試聴経過から歪の原因は製作したアンプ(電解C)ではないかと
推測しました。
 ・製作後からDL-103で試聴を続けて約2週間、歪が多くて利用
  困難を判断
 ・DL-301に交換、レコードの外周に僅かな歪を感じるが内周に
  進むにつれて歪は感じない(インサイド・フォースかトレー
  ス角度の問題?を認識)
 ・さらに試聴を続けてレコードを裏返して聴く時、外周に歪を
  感じないことに気付いた
 ・電源投入直後から聴かずに数分待って試聴を開始すれば歪を
  感じないことを確認
 ・DL-103に交換、電源投入直後から聴かずに数分待って試聴を
  開始して歪が感じられないことを確認
おんにょ
2020年11月13日 19:01
前の初心者さんこんばんは。
DL-103が問題なく使えることがわかって良かったですね。MCカートリッジは高価なので、そう簡単に買うことができませんからなおさらです。

この記事へのトラックバック