6BQ7Aパラプッシュプルアンプ

メンテナンスフリー化の変更をした6J6パラプッシュプルアンプを聴いた後にE130シングルアンプを聴くともう別格なんだね。テレビ球とフランスの直熱3極管、シングルとプッシュプルを比べるのは無謀なんだけど。

こういうことがあるともう6J6パラプッシュプルアンプの出番は無いような気がする。単独で聴くぶんには十分聴けるのだが、歴然とした差がある。


画像

そこで主役を交代することを考えた。手持ちに6BQ7Aが4本あるのでどうだろう。音質でやはり玉砕する可能性があるが、お金をかけないで改造できるからやってみようかな。


画像

ロードラインを引いてみた。KA-8-54P2は8kΩpp、差動の場合は3極管ユニットの直列になるので1管あたり4kΩ、パラレルなので1本あたりその倍の8kΩでロードラインを引く。合ってるかな?動作点はEb=192V、Ip=10mA、Eg=-3Vとした。Pp=1.92WでPp max=2W以内に一応収まっている。


画像

回路図を上記に示す。電源トランスの+Bタップは140Vから170Vに変更する。カソード抵抗R16は430Ω2Wに変更。


画像

6J6パラプッシュプルアンプのシャーシ内部。真空管周りはサブシャーシに組んであるので作り直す。ソケットの下からLEDでライトアップするギミックはこの際やめる。

利得が変わるのでNFB抵抗や位相補正コンデンサを変更する必要があるが、とりあえずそのままとする。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック