E130 SFR

画像

本当は来年の自分への誕生日プレゼントとするつもりだったんだけど、機会あってE130という真空管を入手した。フランスのSFR(Société française radio-électrique)でE130はTelefunkenのRS242の類似球となっている。

検索して出てきたWebページ
http://6bm8.lab.free.fr/Documentations/Tubes/E130/E130.html
フランス語なのでChromeの翻訳結果を掲載する。

この三極管は、いくつかのアメリカの宇宙探査機で発振器の中でランク付けされています。コレクターは、それがSFRによる "小型の"送信機で使用されたと考えています...(もし誰かがもっと情報を持っているなら私は興味があります)。

ドイツの同等物(RS242)は、第二次世界大戦からのデート。例えば、「5W.Sc」は2つの三極RS242発振器とトランスミッタ(電源5W)として実装されています。

したがって、SFRによるE130の製造は、この同じ時期からのもので、チューブは同様の機器で使用する必要があります。いくつかの管には、19番目の陸軍連隊の伝動装置のロゴが付いています。これは私の仮定を確認するものです。

RS242(ちょっとした姉妹、確かに進化、RS241)と同じように、E130は単三極アンプのファンによって比較的追求されています。エンドチューブに使用することができ、ドイツの姉妹よりも内部抵抗が低いため、シングルエンドでの使用に適しています。アノード電力は依然として制限されており、消費電力が最大でも2.5W以上のオーディオに頼るべきではありません。

曲線の良好な直線性は、変圧器による結合または陰極フォロワとの直接結合に熟練している場合、クラスA2の通過を可能にするはずである。我々は、より高いパワーを期待することができます。

いくつかのデータ:

トライオード直接加熱
陰極酸化
フィッティング:ヨーロッパ4ピン
暖房:4V / 0.65A
アノード最大電圧:400Vの
陽極最大電流:80ミリアンペア
最大陽極電力:12W
増幅率:18
容量グリッドアノード:13、 5pF
入力容量:11.5pF
出力容量:9.5pF

Pで10W 消費: Va = 350V Vg = -10V Ia = 29mA 内部抵抗:4000オーム
スロープ:4 mA / V
負荷インピーダンス: オーディオBF用には8〜12kΩ 。


Ep maxは12Wとなっているが抑えて使ったほうが良さそう。動作例でEgが-10Vと浅く、A2級でないと出力が出せない。ドライブ段はカソードフォロア直結を考えている。μが18もあるので電圧増幅段の利得はあまり必要ない。ソケットはUF4P。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kurod@
2018年12月04日 20:10
E130で検索すると、レノボのPCとキハE130が出て来ました

直熱三極管。良い音が期待できそうでね
出来上がったら是非聴かせて下さい。なんてね
おんにょ
2018年12月04日 21:21
kurod@さんこんばんは。
直熱3極管は71Aパラシングルアンプを製作したばかりなのでE130は来年の予定です。
kurod@
2018年12月05日 08:38
そうでした。自分へのご褒美でしたね

この記事へのトラックバック