新PCL83シングルアンプ・グリッドのプラスドライブ

新PCL83シングルアンプにおいてグリッドがどのくらいプラスにドライブできているかオシロで確認してみた。


画像

カソード基準でグリッド電圧波形をDCカップリングで表示している。1:10プローブを入れているので大体+3V~+3.5Vくらいまで振ることができている。

対GND基準でカソード電圧は68.3V、グリッド電圧は53.7Vだったからグリッドバイアスは-14.6Vということになる。

PCL83の電圧増幅3極管のカソードフォロアでドライブしているが、グリッド電流によりかなりなまっているけどまあこの程度ということだろうか。グリッドの発振防止用抵抗R6(1kΩ)をショートしてみたが変わらなかった。


画像

参考に回路図を記載。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック