71Aパラシングルアンプ・カソードチョーク交換

71Aパラシングルアンプのカソードチョークを4B-20mA(30H)からPMC-80H(80H)へ交換した。それに伴い71Aのカソード抵抗も変更した。


画像

変更後に測定した電圧を赤字で示す。


画像

変更後のシャーシ内部。また、残留ノイズが安定しないので71Aのフィラメント電源にCRフィルタを1段追加した。


画像

周波数ごとに71Aのグリッド波形に凹が生じる前の電圧を修正前後で比較。修正後のほうがより高い電圧でも発生しなくなった。


画像

20Hzにおける出力0.7W時のグリッド波形(上)とSP端子波形(下)。グリッド波形は歪んでいないがSP端子波形は歪みが生じている。


画像

出力1.0W時。グリッド波形は歪んでいない。


画像

出力1.5W時。グリッド波形に凹が現れた。


画像

いつものように諸特性を測定。残留ノイズは0.2mV~0.3mV程度まで低くなった。


画像

周波数特性。チョーク交換前後で変わらない。


画像

クロストーク特性。初段へ行く電源にデカップリングを入れたが3dB程度の低減に留まった。20Hz~20kHzでは-58dB以下。


画像

Lchの歪率特性。1kHzでの歪率5%における出力は2.5W。


画像

Rchの歪率特性。1kHzでの歪率5%における出力は2.4W。

71Aをいろいろ差し替えていたらもともと何を挿してあったのかわからなくなった。

チョークを交換した後に試聴したが、なんだかつまらない音になったような気がした。翌日再び聴いてみたら、魅力的と思える音が出てくるようになった。いろいろいじったから何が影響しているのかわからない。

クロストーク特性がなんであまり良くないのかわからないのが引っかかるが、聴いてわからないのなら許したら、を発動するか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

71Aが好き
2018年10月25日 16:42
おんにょさん、こんにちは。
歪率特性の癖もなくなり、左右で揃った特性になりましたね。ドライブ段の特性も改善したようで何よりです。出力段での歪は別として、ドライブ段で変な波形(振動現象)になることは、気持ち悪いですから。
VT-62や45のアンプの6DN7について確認したのですが、今回ほどではないにしろ低域の波形に問題が出ていると思われます。グリッドのバイアス(-7V)を調整することで改善すると予想されますので、お時間のある際にご確認いただければと思います。
おんにょ
2018年10月25日 18:44
71Aが好きさんこんばんは。
45シングルアンプやVT-62シングルアンプで20Hzサイン波のグリッド波形を観測すればわかりますね。後日確認します。ただ両アンプは6DN7に11mA流していることから波形の凹は起こりにくいと思われます。あと6DN7のグリッドバイアス電圧を変更するには出力段のカソード抵抗も一緒に変える必要があります。

この記事へのトラックバック