71Aパラシングルアンプ・音色のチューニング

71Aパラシングルアンプはまだ完成ではなくて音色のチューニングを行っている。現状では清楚な音という印象だがもの足りない。まずは出力段からできるチューニングを試すことにした。


画像

私は駄耳なので微妙な音の違いを聞き分けることができない。だから回路を変えれば違いがわかりやすいだろうということで(a)~(d)を試している。(a)は現状の回路でC3は信号ショートループと呼んでいる。(b)はカソードバイパスコンデンサを追加した回路でロフチン・ホワイトアンプがそうなっている。(c)はカソードバイパスコンデンサのみで通常はこの回路。(d)はコンデンサを増量したもの。


画像

(a)当初の回路でC3は東信のUTWHS、100uF400V。清楚な音という印象。音量を上げてもうるさく感じない。こんな程度ではつまらないしもっと気に入った音が出るはずだ。


画像

(b)東信の1000uF63Vを追加。UTSJの音響用ハイグレード電解コンデンサで『「原音再生」を極限まで追い求めた、ハイクオリティー・コンデンサ。豊かな量感と質感を実現したシリーズで高級オーディオ機器に最適。』などとなっている。千石電商で1個400円もしたぞ。

この状態で数日試聴してみたが特に音が変わった感じはしなかった。なんだよ!


画像

(c)RIFAの220uF63Vをつけて信号ショートループのコンデンサを削除。透き通った音色が良い。ただ低音の量感が減少してスケール感が出ない。まあ良くなってきたようだ。


画像

(d)東信のUTSJ、1000uF63Vに交換。低音は出るし解像度が高いハイファイ調。これは良いかも。聴いていて魅力を感じる音質になってきた。

とまあこんなわけで現在は(d)に落ち着いている。71Aの持つ本来の音色はこんな感じなのではなかろうかというところ。でもカソードフォロアに6922を使っているのにその音色が出てこないのはなぜかわからない。


画像

現在の回路を上記に示す。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

klmnji
2018年09月25日 20:45
(d)の場合、信号ループは4管ともC8(47μF)を通ることになり、C3を1000μFとした分C8がネックになっているような気がします。
(a)の場合も、もしかすると、C3(100μF)を2管で振り分けるので、見かけ上半分の容量となって、その分マイナスに働いたのかも知れません。

あくまで、推測です。
おんにょ
2018年09月25日 21:37
klmnjiさんこんばんは。
2SK3234によるリプルフィルタの出力インピーダンスは実測約2Ωで、C8は高域のインピーダンス上昇防止用です。C8が支配的になってくるのは1kHzくらいから上の周波数になります。FETリプルフィルタのどこを信号電流が通るのかよくわかりませんが、交流回路的には+BがGNDとほぼショート状態です。
(a)はクロストーク特性は良いですが、音的に好みではなかったんです。(b)とすることによって超低域でのレベルダウンが起きています。これらのデータは後日公開予定です。
klmnji
2018年09月25日 22:21
高電圧可変三端子レギュレーターTL783CKCSE3(max125V)1個150円を使って、カソードを定電流にする方法もあります。
良くなるか悪くなるかは、やってみないとなんとも言えません。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06382/
おんにょ
2018年09月25日 22:39
このアンプはFETリプルフィルタこそ使ってはいますがなるべく複雑な回路にしないように心がけています。NFBも使っていません。いま+B1にツェナーを入れるかどうかで迷っています。半導体を使うと便利なのであっという間に増殖してしまいます。
71Aが好き
2018年09月26日 10:03
おんにょさん、こんにちは。
カソードフォロアは100%帰還なので、真空管の個性は表れにくいと思います。あまり大きくないインダクタンスのチョークでも特性に影響が出にくい理由も100%帰還にあるように感じます。
VT-62アンプでの6DN7と6SN7との差は、初段側の影響ではないでしょうか。
おんにょ
2018年09月26日 18:47
71Aが好きさんこんばんは。
カソードフォロア段は音の影響が現れにくいのですね。だとすると初段でチューニングするしかなさそうです。ECC83/12AX7はいろんなタマが豊富にありますが、果たして自分好みのものを見つけられるかどうか?

この記事へのトラックバック