新PCL83シングルアンプ・ケース加工

新PCL83シングルアンプのケースの穴加工を行った。


画像

キズ防止に梱包用テープを貼った。穴開け図を印刷してカット、定規とカッターで罫書く。オートポンチを打って準備完了。


画像

電源トランスの四角穴から始めた。四隅にΦ13mmの丸穴を開けてコッピングソーでカット。アルミA6NO1のt2.0mmは手強い。100往復して5mm程度しか進まない。


画像

平ヤスリで穴を整えたがなかなか削れなかった。


画像

次は真空管ソケット穴をサークルカッターで開ける。こちらは難なく開いた。


画像

後は小径の丸穴だけだからドリルとステップドリルで開けた。バリが殆ど出ない。面取りドリルで整えて保護テープを剥がしたら完了。


画像

前後パネルの穴開け準備も完了。ケースの下側はゴム足用の穴を開ける。


画像

リアパネルの丸穴を開けた。アルミA1050Pのt1.5mmは柔らかくて加工しやすいが穴がきれいに開かない。ACインレットの穴は角Rをつけた。

フロントパネルはロッカースイッチの穴をノギスで測りながら穴を開けた。穴径は13.0mm×19.5mmとした。

大変な金属加工が終わったので、次は電源トランスにショートリングを巻く予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック