71Aパラシングルアンプ・特性測定

71Aパラシングルアンプは先日から試聴を続けているが、ナチュラルなサウンドであまり色づけが無いのが特徴かもしれない。何か思いついたら試してみようと思っている。

外観的にはゴム足のTC-2Gが貧弱に見えるのでRS-60Gに替えたらハイリフトの4X4みたいになってしまった。もっと最低地上高?を下げてRS-55Gにしようと思う。

今回は詳細な特性を測定した。特性はいわば健康診断で、今後調子が悪くなったときのチェック対象となる。


画像

諸特性を上記に示す。無帰還なので素の特性といって良い。残留ノイズが低いのは+BにFETリプルフィルタを入れているためだろう。


画像

周波数特性。145kHzに小ピークがあるが500kHzまでなだらかに落ちている。2~3dBのNFBをかければ20Hz~20kHzがフラットになると思うが無帰還のままとする。


画像

クロストーク特性。20Hz~20kHzでは-60dB以下となっている。低域でクロストークの悪化が見られるがOPT間によるものではないだろうし改善を必要とするほどではない。


画像

Lchの歪率特性。1kHzは歪みの打ち消しが起きているのだろうか。


画像

Rchの歪率特性。1kHzが波打っている。オーディオアナライザで入力を増やしていくと針が一旦下がってから上昇する。気味が悪いのでRchの71Aの再ペア取りをしようかなあ?


画像

気になるのでRchだけ別の71Aに交換した。画像の71AはNational Union製らしい。この中から1ペアを選んだ。


画像

再び歪率特性を測定。まだすこし変だけど気にするほどではない。1kHzにおける歪率5%での出力は2.4Wだった。

結局SYLVANIA・PHILCO・RCA(National Union?)の混成部隊となった。これで特性上とくに問題となる点は無くなった。

他に特性的にやれることといったらECC83SのSRPP上側カソード抵抗値を変えて歪みの打ち消しをするくらい。このアンプは今までの集大成でもあるので時間をかけて音色のチューニングをしたい。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

71Aが好き
2018年09月20日 17:13
おんにょさん、こんにちは。
パラシングルの無帰還で残留ノイズが0.2mVとは非常に低いですね。おんにょさんの技術力に脱帽です。周波数特性が高域まで伸びているのはカソードフォロアーの採用と橋本のOPTの特性でしょうか。歪率特性の波打ちは6B5シングルでも起きていましたね。私は経験したことがありませんが、初段と出力段との干渉(歪の打消しの一種?)なのですかね。
おんにょ
2018年09月20日 18:41
71Aが好きさんこんばんは。
特性で音が語れるわけではありませんので…。これくらい残留ノイズが低いとSPに耳を触れそうなくらい近づけても聞こえません。高域が伸びているのはおそらくそのとおりです。歪率カーブが波打つのはよくわかりません。

この記事へのトラックバック