PCL83シングルアンプ・小変更

画像

PCL83シングルアンプの特性評価で気になった点を小変更した。L→Rの高域クロストーク削減、NFB量をすこし増やしてみる、左右チャンネルの利得を揃えるの3点。


画像

回路図のR9を2.7kΩから2.4kΩに変更。C3は付けていない。


画像

再び諸特性を測定。NFB量は6.8~6.9dBとなった。4本のPCL83を差し替えて利得は19.6~19.8倍で、まあこの程度なら問題なし。消費電力は23Wなので、夏場でも発熱を気にせず使うことができる。


画像

周波数特性。高域がわずかに持ち上がったが殆ど一緒。20kHzで-1dBだからいいんでないかい。


画像

L→Rの高域クロストーク対策でLchのプレート配線に銅箔テープを貼った。


画像

クロストーク特性。L→Rの高域クロストークは減ったがR→Lと同じレベルにはならなかった。20Hz~20kHzでは-74dB以下となっている。


画像

Lchの歪率特性。NFB量の増加でわずかに低歪みになったが殆んど一緒。


画像

Lchの歪率特性。こちらも同様。


画像

試聴してみた。なんかもう初っ端から良い音が出ている。PCL83の素性の良さを見たような気がする。あくまでクリアでハイファイ調。スケール感も十分。拙PCL83 CSPPアンプより良いかも。出力は6Wと1Wだから音量を上げれば違ってくると思うけど、ニアフィールド環境なら実力を発揮する。

歪率特性からしてそうだけど、2次歪みが多いせいか拙6AH4GTパラシングルアンプに音の傾向が似ているようだ。

お手軽製作でこんな音(自分好みの音)が出てしまうと直熱3極管に大枚叩いて至高のアンプをめざすのは意味ないような気がする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Lavie60
2018年08月20日 17:41
いつも貴ブログを楽しみに読ませて頂いています。
そこで質問なのですが、歪率特性で2歪みが多いと書かれていますが、これはどうやって読み取られているのでしょうか?
宜しければご教授下さい。
おんにょ
2018年08月20日 19:05
Lavie60さんこんにちは。
シングルアンプは一般に歪率カーブが直線状、プッシュプルアンプは曲線を描きます。これはプッシュプルアンプは偶数次の歪みの打ち消しが可能だからです。単純に波形の上下の非対称は2次歪み、上下が均等にクリップするのは3次歪みと考えることができます。
極端な例ですが、シングルアンプとプッシュプルアンプをFFT解析したことがあります→https://65124258.at.webry.info/201610/article_8.html
Lavie60
2018年08月20日 20:30
おんにょさん こんばんは
ご丁寧な解説ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

もう一つ教えて頂きたいのですが
私は真空管シングルアンプは偶数次歪みが多く、倍音成分が効いて良い響きの音が出ると思っていますが、これは間違いでしょうか?
それと、真空管シングルアンプの動作点は波形のクリップが上下対称のポイントが最適値だと思っていましたが、これは間違いでしょうか?

何度もすみません 宜しくお願いします。

おんにょ
2018年08月20日 21:30
シングルアンプの偶数次歪みが多いことは事実ですが、歪率のように測定可能な尺度だけで音色がわかるかといったらおそらく無理だと思います。ただ偶数次歪みが音に良い響きを与えるという話は昔からありますね。
波形の上下クリップが同時にくるということは最大出力が取り出せているということです。ただ電圧増幅段が出力段を十分振ることができるのが前提です。
Lavie60
2018年08月20日 21:45
おんにょさん
重ねての解説、誠にありがとうございました。
勉強になりました。
今後共宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック