なんちゃってフォノイコの製作・その9

真空管を挿し、電源部とアンプ部をケーブルで接続して動作確認を行う。まずは電圧チェックから。


画像

各部の電圧を赤字で示す。+B電圧が低い。R12の15kΩを減らして8.2kΩとしたら+Bは272~273V程度になった。

SRPPの中点電位が左右チャンネルで違うのはよくあることで、利得を調べてみたら1kHz・1V・47kΩ負荷で114.9倍(41.2dB)で左右が揃っていたから問題ない。なお作例では115倍となっている。

ヒーター電圧は12.3Vでこれも低い。残留リプルを測ってみたら0.05V~0.1V程度で多すぎる。NJM7812FAの入力電圧は14Vで0.6Vのダイオードによる下駄を履かせているから、レギュレータの出力電圧を12Vとすると入出力電位差は1.4Vしかない。入出力電位差が少なすぎてリプルがそのまま出てしまっているようだ。

残留ノイズは0.5mV程度で多い。これはヒーターの残留リプルが影響している可能性がある。

C14に4700μFのコンデンサを追加してみたが0.1V程度しか増えなかった。対策としてはD5にSBDを使えばVTドロップが2個で(0.6-0.3)*2=0.6V程度減るので大丈夫ではないか。あるいは単純にCRによるリプルフィルタで回路を組むことかな。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

klmnji
2018年07月22日 22:02
ヒーターの3端子に低損失を使う方法もあると思います。
入出力間電位差が低いと言うことは、リップル電圧のギリギリまでレギュレーションするかもしれません。
LM2940CT-12 (入出力間電位差 0.6V)
NJM2396F12  (入出力間電位差 0.2V)
klmnji
2018年07月22日 22:11
D6がノイズを出していないでしょうか?
理想ダイオードではないので、三端子のcomに流れる電流が変化すると、com電圧が振られてしまいます。
ただし、電解コンデンサを抱かせてもダイオードのインピーダンスより低くするのは難しいかも知れません。
おんにょ
2018年07月22日 22:15
klmnjiさんこんばんは。
低損失レギュレータも考えたのですが、7812のGND端子に入れているダイオードをショートすると残留リプルがガクンと減ることがわかっています。だから12V程度でヒーター点火することも考えました。でもSBD発注したし、ダイオードの交換で済むのならやってみようと思います。
おんにょ
2018年07月22日 22:45
いろんな低損失レギュレータをご存知ですね。ただレギュレータの入力電圧にはリプルが含まれますので、そのミニマムの電圧がAC100Vの変動により変わるので余裕を持たせる必要があります。やはり入力電圧を上げるのが手っ取り早いと思います。

この記事へのトラックバック