なんちゃってフォノイコの製作・その8

電源部ができたので、続いてアンプ部の製作を始めた。パーツを取り付けてみたが電源部がないのですごく軽い。ケーブルのクセや重さで動いたりしないかな?

まずヒーターの配線から行う。ケースの奥まったところのハンダ付けなので、順番を考えないとコテ先が入らなくなってしまう。アース母線を0.8mmのスズメッキ線で作ってソケットのセンターピンにハンダ付け。


画像

こんなふうになった。GND配線は入力のRCA端子のGND側にプレーヤーのGNDとシャーシGNDを集めてアース母線に接続したが、これで大丈夫かどうかわからない。続いてソケット間の配線や抵抗なども先に取り付ける。


画像

2個の平ラグ基板に配線をハンダ付けし、ケースに仮固定してちょうどよい長さにカット、外して末端処理をする。再度基板を取り付けて一気に配線をハンダ付けした。これでアンプ部の配線が完了。


画像

アンプ部の内部はこんな感じになった。詰めればもっと小さいケースでも良かったかもしれない。


画像

反対側から見たところ。


画像

ちなみに上から見るとこんなふうになっている。

配線チェックを行い、抜けやミスは無いようなので接続ケーブルの作成にとりかかる。


画像

こんなふうでいいのだろうか。


画像

やり方がわからず試行錯誤しながら1時間半もかけて完成。DC270Vがかかるので自己責任で。これを書いておかないと耐圧がどーのと指摘される恐れがある。

この後は電源部とアンプ部をケーブルでつないで動作確認を行う予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック