6AH4GTパラシングルアンプ・シャーシと裏蓋の加工

1階実験室に穴開けの準備をしてシャーシと裏蓋の加工を行った。掲載した画像はダンボールのないほうに向けてあるが、実際はダンボールだらけだ。


画像

シャーシに罫書き線を入れオートポンチでマーキング。穴開けは相変わらず電動ドリルとドリルスタンドでやっている。電源トランス・ロッカースイッチ・ACインレットの角穴からスタート。


画像

コッピングソーで電源トランスの穴開けをしているところ。ギコギコうるさいけど力は要らない。まっすぐ切り進むのが難しい。全然進まない。ひたすらギコギコ。


画像

3個の角穴が開いたところ。ロッカースイッチは13mm×19.2mmの精密仕上げ。


画像

ACインレットは角R仕様。


画像

USソケットの30mm穴はシャーシパンチで開けた。


画像

後面の穴はシャーシを立てて開けるのでぐらついてうまくいかない。


画像

シャーシ本体の穴開けが完了。


画像

後ろ側から見たところ。


画像

続いて裏蓋の加工。1.5mm厚なのでいつもの1.5倍時間がかかる。


画像

短辺をピラニア鋸で1mm幅カットしたところ。長辺も保護ビニールを剥いだところをカット。


画像

裏蓋の穴開けが完了。

これで大変なシャーシ加工が終わった。仮組みをするためには外装パーツを買ってこなければ。その他足らないパーツを買い出しに行く予定。
  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック