42シングルアンプ2号機・配線中

42シングルアンプの配線を始めた。まずAC1次配線を済ませて電源オン、電源トランスの電圧を確認。続いてヒーター配線を済ませてヒーター電圧の確認。


画像

ヒューズホルダーやACインレットのハンダ付け部分が尖っているとシャーシに手を突っ込んだ時に引っ掻いてしまうので、紙やすりで削って引っかからないようにしている。こんな面倒なことをやっているからなかなか進まない。


画像

この時点で点灯式。ヒーター電圧は6.4Vくらい。


画像

平ラグ基板を仮置きしてみた。


画像

FC-12Sの固定ネジをテスターで当たってみるとシャーシと導通がある。そこで1個だけ無塗装のネジに替えて立ラグを固定、シャーシアースポイントとした。

電源基板に配線をハンダ付けしてからネジで固定、配線をつなぐ。収まりが悪いのでマスキングテープで仮固定している。

この時点で電源オン、電源回路の動作確認を行う。整流後は398V(280*1.41=394.8V)、+Bは378V、+B1は104V位になった。整流後~+Bの電位差は20Vとなり、設計での18Vとほぼ一致する。電源回路は正常動作しているっぽい。

+Bは100Vよりなかなか下がらないので抵抗をつないで放電させる。+Bが無負荷でもFETリプルフィルタの抵抗を介してチョロチョロ放電するので、最終的には電圧が下がるようにはなっている。


後は真空管ソケット周りの配線とCR取り付け、アンプ部基板の配線と取り付け程度なので1~2日くらいでできそう。
  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック