ユニバーサル実験アンプ・組立開始

ユニバーサル実験アンプはシャーシの保護ビニールを剥がして組み立てを始めた。言葉にすればたったこれだけなんだけど、いろんなことをやっていたから時間がかかった。

保護ビニールを剥がしたらバリ取りをする。特にOPTの配線を通す穴はサンドペーパーで引っかかりが無いように念入りにした。

電源トランスを取り付ける前にボルトを増し締めする。端子には無鉛ハンダが使われていて溶けにくいので、有鉛ハンダ!で溶かしてハンダ吸い取り器で吸い取った。


画像

組み立てたシャーシ内部。パーツ同士の干渉や接近しているところはないか、実際に平ラグを取り付けて確認。大丈夫そう。


画像

電源トランスの背だけが高くてシャーシを裏返しにするとグラグラするので、OPTに発泡スチロールをカットしたものを養生テープで貼り付けた。これで裏返しにしても安定している。

今後の予定としては配線に取り掛かるけど、目が疲れる作業なのでゆっくり時間をかけてやろうと思う。いろんな真空管を使って聴きたいのはヤマヤマだが、実験機とはいえ製作するのは大変だ。

画像

  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック