トランス式USBDAC・TAM121115を試してみる

先日TAMURAのマッチングトランスTAM121115を入手したので、トランス式USBDACとして使うならどのようにチューニングすれば良いのか実験してみることにした。


画像

TAM121115はTpBのサイズで150Ω:600Ω。昇圧比は2倍程度と思われる。DCRを測ったら150Ω側が12.5Ω、600Ω側が51.4Ωと51.6Ωだった。


画像

実験回路を上記に示す。それぞれ1次側と2次側に半固定抵抗を入れ、スイッチで入り切りできるようにしてある。これは抵抗値を測定するため。

インダクタはBournsのRLB9012-272KLを使っている。実測2.72mHでDCRは7.0Ωだった。C18はフィルムで東信工業のUPZ、実測9990pF。


画像

DACはTF-3版トランス式USBDACのものを使ったので、赤字で秋月DACと異なる点を示してある。


画像

バラックで組んだ実験回路。


画像

VR1は390Ω~750Ωまで振ってみた。1KHz・5KHz・10KHzがフラットとなるようにVR2を調整した。なお330ΩではVR2を5KΩにしても高域が下がってしまったので省いた。

出力電圧はVR1を高くするほど減るが微々たる変化だった。100Hz0dBFSの歪率はVR1が高くなるほど低下した。でもあまり変化が無い。


画像

VR1が620Ω、VR2が2KΩでの周波数特性を測定。低域でレベルダウンが少ないのはコアボリュームや最大使用レベルに余裕があるからで、高域のレベルダウンが多め。おそらくLPFを1mH+0.039uFとかにすればレベルダウンは少なくなるだろう。


画像

同じ条件での歪率特性。100Hzや50Hzが悪めなのはDAC出力に対しマッチングトランスの負荷が重いためと思われる。インダクタと直列に10Ω程度の抵抗を入れれば良くなるかもしれないが出力は低下する。それでも0.1%を割っているから耳で聞いて判断できるかといったら無理だ。


画像

VR1=390Ω・VR2=4KΩの場合と、VR1=620Ω・VR2=2KΩの場合の周波数特性を比較してみた。結果は殆ど変わりがなかった。縦軸を伸ばしてあるのでご注意。

実際に組むとしたら例えばVR1を620Ωとし、VR2は5KΩの半固定抵抗として2KΩに調整、実際に聴いてみて高域が出すぎだったら抵抗値を下げ、足らないと感じたら抵抗値を上げれば良いと思う。

出力にボリュームを付ける場合は、例えば10KΩAボリュームと5KΩの半固定抵抗を並列にして2KΩに調整すればOKだ。

なおマッチングトランスやインダクタ、コンデンサにバラツキがあるのでVR2を調整して1KHz・5KHz・10KHzのレベルがフラットになるようにする必要があり、PC側にWaveGene、出力を測定するのにミリボルトメータが要る。

USBオーディオインターフェースがあればWaveGeneで周波数をスイープしながら出力し、WaveSpectraで周波数特性を描かせれば良いと思う。
  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2018年02月03日 00:32
私はTPB-203を入手しましたが、出張先なので計測できずにいます。
kurod@
2018年02月03日 13:46
おんにょさん、貴重な実験ありがとうございます
VR1を620ΩでVR2を半固定でにし後は自分の耳で好みで調整したいと思います
おんにょ
2018年02月03日 17:51
Klmnjiさん、kurod@さんこんばんは。
USBオーディオインターフェースがあればトランス式USBDACの測定ができます。WaveGene・WaveSpectraに慣れる必要がありますが。
kurod@
2018年05月02日 05:27
ようやくTA121115を使ったUSB-DACが完成しました
以前購入したオーディオ用電解コンデンサーを使い、テレビの音声を流せるようにとインプット端子とボリューム&トルグスイッチを付けて配線終了!
USB-DACからは音が出るのですが、インプット端子側にCDを繋いでみると右側から音が出ない
配線は何度確認しても間違いないしボリュームかトルグスイッチの不良⁉

おんにょ師匠の実験をそのまま使わせて頂きました
低音も出て高域は煩くなくTpsA203より良いかも!と感じています
kurod@
2018年05月02日 07:10
トルグスイッチのDACとインプット端子の接続を入れ替えてみました
トルグスイッチには問題はありませんでした
在り合わせのボリュームが犯人か?
AK27の100kΩが在りますので付け替えてみます
おんにょ
2018年05月02日 20:23
kurod@さんこんばんは。
RCA端子にテスターリードを差し込んで、スイッチを切り替えた時に所望の動作をするかを回路図と突き合わせて確認して下さい。別のトラブルで多いのはRCAケーブルの芯線が切れてしまうことです。これもテスターで確認できます。

この記事へのトラックバック