ユニバーサル実験アンプ・12L6GTを挿してみる

ユニバーサル実験アンプに12L6GTを挿してみることにした。このタマはEp maxが200Vなので+B電圧を50V下げる必要がある。電源トランスの+Bタップを140V~140Vから120V~120Vに変更、リプルフィルタのR9を130KΩから91KΩにして+B電圧を合わせ込んだ。


画像

変更後の回路に赤字で実測の電圧を記入。ほぼ設計どおり。


画像

12L6GTの動作電圧を上記に示す。3結でのスクリーングリッド電流は1.2mA~1.3mAで損失は0.23W~0.26Wとなり、規格の1.25Wに対して十分低いのでOKとした。


画像

毎度おなじみの諸特性を測定。12W6GTの時とほぼ一緒。動作上は12W6GTと12L6GTでは同一。


画像

周波数特性。これも12W6GTとほぼ一緒。


画像

Lchの歪率特性。1KHzにおける歪率5%での出力は1.8W。


画像

Rchの歪率特性。1KHzにおける歪率5%での出力は1.6W。

歪みの打ち消しは微妙なところがあり、VR1を調整すれば1KHzを低歪みにできるのがわかっている。


画像

3階へ運び上げて試聴。12W6GTとは音色が違う。12L6GTのほうがクリアでスケール感がある。でも今まで試したタマでどれが一番好きかと問われたら12A6GTYかな。

画像

  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック