6DJ8パラシングルアンプ2号機・動作確認と特性測定

配線が完了した6DJ8パラシングルアンプ2号機の配線チェックをする。配線忘れやショート・オープンは無さそうなので真空管を挿して電源投入。

電圧正常、SP端子にDMMをACレンジにしてつなぎ、RCA端子に指を触れて電圧が上昇するのを確認。測定器類を接続してオシロ波形チェック。大丈夫そう。


画像

実測した電圧を赤字で示す。ほぼ設計どおり。


画像

簡単に特性を測定してみた。無帰還で利得は45.5倍、周波数特性は-3dB点が80~85KHzとなった。残留ノイズはLch 0.12mV、Rch 0.07mV。DFは2.4。1号機の利得は41~42倍だったから少し増えた。


画像

無帰還での周波数特性を上記に示す。100KHz付近にすこし凸凹があるが、350KHzまで素直に減衰している。


画像

問題なさそうなのでNFBをかけてみた。NFB抵抗は2.2KΩとした。利得は19倍、NFB量は7.6dBとなった。周波数特性は80KHzあたりにピークが生じたのでNFB抵抗と並列に235pFを入れた(470pFの2個直列)。周波数特性の-3dB点は152KHz~160KHzとなった。残留ノイズはLch 64μV、Rch 44μV。DFは7.1。


画像

周波数特性。


画像

クロストークは1号機より全体が下がって20Hz~20KHzでは-65dB以下。


画像

Lchの歪率特性。5%歪みでの出力は0.7W。


画像

Rchの歪率特性。5%歪みでの出力は0.7W。

特性上は特に問題ない。でも1号機のときからそうだったのだが、歪率カーブが0.5Wで折れ曲がるのが気になる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmji
2018年01月13日 00:06
ひずみ率の折れ曲りは、A2級に入ったからではないでしょうか。
おんにょ
2018年01月13日 17:46
ご察しのとおりです。A2級でグリッドをプラスに振れないレベルになっているために歪率カーブが急になっています。

この記事へのトラックバック