45シングルアンプ1号機の周波数特性

画像

45シングルアンプ1号機の1Wにおける周波数特性は低域のレベル低下が多く、以前から気になっていた。


画像

上記の丸印をつけたところでレベル低下が起きている。


画像

回路図を上記に示す。直結アンプで低域でレベル低下が起きる要素は無いはず。


画像

そこで125mWでの周波数特性を調べてみた。殆どレベル低下が起きていない。


画像

Lchのそれぞれ125mWと1Wの周波数特性を並べてみた。1Wのはいかにもコアの飽和が起きているふうに見える。


画像

Rchの周波数特性も同様になっている。

OPTはHAMMONDの125ESEで5KΩ:8Ωとして使っている。2次側のタップを切り替えることで1次インピーダンスを変えられるユニバーサルトランスとなっている。出力は15Wで1次インダクタンスは9.58H。15Wのトランスでそう簡単にコアの飽和が起こるはずはない。

画像

画像

比較対象として45シングルアンプ2号機の125mWと1Wの周波数特性を調べてみた。上記はLchの周波数特性。1Wの20Hz以下でレベルが落ちている程度。


画像

Rchの周波数特性。Lchと同様になっている。

2号機はアンディクスのOPT-S14で出力は5W、インダクタンスは18.5Hで10KΩ:16Ωを5KΩ:8Ωとして使っている。

前段(+ドライブ段)の回路は1号機と2号機で異なっているけど、OPTのインダクタンスの差が低域特性の違いとして出てきているようだ。だから小出力で聴いている分には問題ないけど、音量を上げると低音が出ないと感じられるはず。

OPTをインダクタンスの大きいものに交換すれば解決すると思うが、OPTは結構なオネダンなのでどうするか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

71Aが好き
2018年01月26日 23:40
おんにょさん、こんばんは。
出力が大きくなるに従い、低域のレベルが落ちる要因の一つに、波形の歪みによるプレート電流の増加があると思います。
1W時のカソードのDC電圧が125mW時よりも高くなっていませんか?
この場合、更にトランスのインダクタンスが低下→歪みが増加→電流が増加の悪循環に陥ると思います。
HAMMONDのトランスは電流が増加した際のインダクタンス低下が顕著なのかもしれません。
71Aが好き
2018年01月27日 00:01
20WのトランスであるタンゴのFW-20Sも、おんにょさんの1号機と同じような傾向です。私も5kΩで使用して残念な結果になりました。
二次側の接続で一次側のインピーダンスを切り替えるようなユニバーサルタイプのトランスは、5kΩのような高いインピーダンスで使うとインダクタンスが小さいことにより、低域のレベル低下が顕著です。
FW-20Sの特性図を見ると、10Hzにおけるインピーダンスは1kΩ未満まで低下しているので出力管のロードラインが立ち、盛大に歪みます。歪むのでプレート電流も当然増えます。
おんにょ
2018年01月27日 18:34
71Aが好きさんこんばんは。
定インダクタンス性のことですよね。入力信号の大小でインダクタンスが変化しないこと。ソフトンのRW-20にその解説とグラフが載っています。http://softone.a.la9.jp/RW20.htm
出力無しと1W時のカソード電圧は148.2V→148.5Vでした。あまり変化しません。やはりインダクタンス自体が不足しているからではないかと思われます。

この記事へのトラックバック