6922パラシングルアンプ・特性測定

出力管を6DJ8から6922へ変更したので特性を再測定した。まずは電圧の確認から。


画像

実測の電圧を赤字で示す。6922はEb=149V、Ip=9.5mA、Eg=-3.6V、Pp=1.42W < 1.5W maxとなった。


画像

諸特性を上記に示す。高域-3dB周波数は6DJ8のときよりも10KHz伸び、出力は0.7W→0.9Wに増加、利得は19.0倍→18.5倍に減少、NFBは7.6dB→7.2~7.3dBに減少、DFと残留ノイズ、消費電力はほぼ同じだった。


画像

周波数特性。6DJ8パラシングルアンプ1号機のOPTをA57-7K48Sで測定した時と同じになった。


画像

クロストーク特性。6DJ8パラシングルアンプ2号機の測定値とほぼ同じ。20Hz~20KHzでは-65dB以下。


画像

Lchの歪率特性。最低歪率が0.1%を割ったので縦軸を0.01%から10%に変更。5%歪みでの出力は0.9W。


画像

Rchの歪率特性。最低歪率は0.05%となった。5%歪みでの出力は0.9W。

特性的には特に問題は見られなかった。


画像

現状特に気になるところがないのでサイドパネルを貼り付けた。接着剤が乾いたらテープを剥がして完成だ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック