TpAs-202版トランス式USBDAC・改造

NECマッチングトランス式USBDACで採用したLPFが思いのほか良かったので、TpAs-202版でも改造することにした。TpAs-202版はユニバーサル基板上にLPFを組んでおり改造が難しかった。

基板の配線を外しインダクタとコンデンサ、半固定抵抗を外した。バラックで周波数特性を見たら半固定抵抗が1KΩでは低すぎることがわかった。5KΩのが欲しかったが手持ちに無いので固定抵抗に変更した。


画像

改造後のケース内部。1次側に入れる抵抗が左右チャンネルで合わず、Lch 3.3KΩ、Rch 3.3K//3K=1.6KΩになっている。TpAs-202のバラツキのために周波数特性が異なるためと思われる。片方のインダクタが横を向いているのは高域クロストーク低減のため。

残留ノイズはLch 23μV、Rch 25μVだった。改造前は39μVだったからさらに低くなっている。


画像

Lchの周波数特性。0dB・1KHzのレベルは0.54Vで、改造前が0.51Vだったから、インダクタのDC抵抗(6.6Ω)が低くなったせいで出力電圧がすこし増えたものと思われる。15KHz以上が下がり気味なのは改造前と同じ。


画像

Rchの周波数特性。10KHz~15KHzにかけて0.2dBほどの盛り上がりが残ってしまった。1次側の抵抗はミノムシクリップにボリュームを並列にして周波数特性がフラットになる値を探ったら3KΩだったのでそれを並列にしたが、ミノムシクリップの容量が無くなった分高域が持ち上がったものと思われる。半固定抵抗なら調節すれば済むが、固定抵抗なのでそのままとした。


画像

クロストーク特性。20KHzでも-60dBあるから十分。


画像

Lchの歪率特性。特性的には改造前と殆ど一緒。10KHzの歪率が高めだが、改造前と同じなので悪化しているわけではない。0dBFSでの歪率が急に悪化しているのはPC側のサウンドドライバMMEによる影響らしいので無視して構わないようだ。


画像

Rchの歪率特性。こちらも殆ど一緒。


画像

改造前後の回路図を上記に示す。
TpAs-202はインピーダンスを600Ω:600Ωとして使っているが、LPFは2.7mH+0.01uF//3.3K(1.6K)としても大丈夫なことがわかった。


画像

改造後の全体回路図を上記に示す。

駄耳による試聴結果は、TpAs-202版は影が薄いというか音質がすこし落ちるなあという感じだったのが他のトランス式USBDACに引けを取らないレベルまで良くなったみたい。見通しが良くスッキリした感じは他のトランス式USBDACと同じだが、やはりこのトランスの特徴だろうか、すこしおとなしい印象。

…と思ったのだが1日鳴らしていたら俄然やる気が出てきたようでスケール感あふれるサウンドとなった。慣らしが必要というか、なぜこうも印象が変わってくるのか。

TpAs-203版やTF-3版トランス式USBDACも同様に改造しようかと考えている。

画像

      

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

のりぶー
2021年06月17日 08:28
TpAs-202をたまたま持っているので追試してその音質が気に入り、セパレートのCDプレーヤを手放した(笑)者です。
アンプの感度が低い(3A5 μフォロワ)ので、ぺるけさんのUSB DAC Type3化しようとしています。
ぺるけさんの回路図では、TpAs-202の出力を1kΩで受けた後に20kΩを経由して12AX7に入力されているのですが、この20kΩはどういう意味なのでしょうか。12AX7の入力インピーダンスが高いから前段のTpAs-202と分離するためなのでしょうか。
ご本人にお聞きしづらいのでご教示頂けますと幸いです。
おんにょ
2021年06月17日 09:24
のりぶーさんこんにちは。
20kΩはP-G帰還の抵抗です。P-G帰還でググるとぺるけさんのページがトップに出てきます。入力抵抗は600Ω//1kΩ+20kΩだと思います。
のりぶー
2021年07月07日 16:29
おんにょさま

ご返事差し上げられておらず大変申し訳ありません。
或る程度理解が進んだ状況で追加のご質問などを差し上げようと考え、ご指摘頂いたぺるけ様のホームページのPG帰還の記事を読んでおりましたが、なかなか理解が進まず気の利いたご返事ができないまま日が過ぎております。
ご教示頂いたのに誠に申し訳ありません。引き続き理解を進めます。

この記事へのトラックバック