NECマッチングトランス式USBDAC・ケース加工

レイアウトが決まったので穴開けを行った。丸穴が全部で13個だから時間はかからなかった。


画像

パーツを取り付けて仮組み。大丈夫そう。


画像

反対側から。Mini-Bコネクタは丸穴にした。これならラクだ。


画像

ケースから飛び出していないことを確認。


画像

トランスの配線が終わったユニバーサル基板の裏側。LPFを外付けにしたので簡単になった。トランス2次側の680Ωだけは基板に乗っている。


画像

基板の配線を裏側から書くとこんなふうになっている。


画像

組み立て開始。ボリュームの端子は実体図用に上を向けてあるが、実際は横倒しとなる。


画像

実体図を描いてみた。この程度なら描かなくても何とかなるレベルだけど。RCA端子のところでシャーシアースする。ボリューム~RCA端子への配線はシールド線を使おうかと思っている。使わなくてもノイズが飛び込むことはまずないが、クロストークが生じることがわかったので。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック