6DJ8パラシングルアンプ2号機・シャーシ加工

6DJ8パラシングルアンプ2号機のシャーシ加工を始めた。穴開け図を作成して印刷、シャーシに貼り付けて罫書く。オートポンチを打って準備完了。

電源トランスの角穴から始めた。13mmの丸穴を開け、ハンドニブラーで齧ってコッピングソーの刃を通し、4辺をくり抜いた。後は平ヤスリで罫書き線に合わせて削る。

老眼が進んで老眼鏡をかけて目を細めても見づらい。直線になっているかどうかは何となくしかわからない。

ACインレットの穴は4隅に丸穴を開けハンドニブラで齧り、角R仕上げ。ロッカースイッチの穴は丸穴を2個開けてヤスリで13mm×19.2mmに精密に仕上げた。


画像

3個の角穴が開いた状態。

次に真空管ソケット穴を21mmのシャーシパンチで開けた。もうここまでくれば後は小径の丸穴だけだ。真空管の放熱穴から始めた。ドリルスタンドのレバーが下がりきったところで穴径が6mmとなるように調整。


画像

ドリルは1.5mm→3.2mm→ステップドリルの順にしたが、なぜかズレが多くてヤスリによる修正が必要だった。全部の穴開けが終わったところ。


画像

反対側から見たところ。

裏蓋はピラニア鋸で228mm×136mmギリギリにカット、ヤスリでの仕上げが楽になるようにした。だんだん慣れてきたので手間がかからなくなった。


画像

裏蓋の加工図を貼り付けて罫書き、オートポンチでマーキング。穴開けは順調に進み、全て完了。工具や作業台を片付けて掃除が終了。


画像

加工した裏蓋。白いのは保護用のビニールシート。

これでしばらくシャーシ加工をせずに済むと思うと大きな山を越えた気がする。

↓直線なら1mm厚~2mm厚のアルミ板がサクサク切れる。

ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1
ピラニア・ツール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


        

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック