12B4A SRPPアンプ・動作確認~特性測定

12B4A SRPPアンプの配線チェックを行った。ハンダ不良や接続ミスは無いようなので動作チェックに移る。


画像

真空管を挿して電源オン、各部の電圧を測定。+Bが14V高い他は問題なし。チョークによる電圧降下を考慮してR11の値を41.4KΩから22KΩに下げたのが影響している。

SP端子にDMMをACレンジにして接続し、RCA端子に指を触れて電圧が上昇するのを確認。動作一発OKだ。オシロでの波形観測結果は問題なし。


画像

無帰還の状態で簡単に特性を測定。利得は25倍あり少し増えた。6N2PからECC83に換えたためと思われる。左右の利得はほぼ揃っている。残留ノイズは0.12mVと低い。


画像

NFBをかけることにし、値はリニューアル前と同じ2KΩとした。NFB量は7dBとなった。利得が前より増えたので、NFB量も1dB程度増えた。周波数特性は高域が伸びて-3dBでは125KHzとなった。でも伸びすぎのような?ちなみに解体前は100KHzだった。残留ノイズは0.08mVまで低下。


画像

周波数特性。いかり肩だが素直に高域が落ちている。


画像

上記は昔測定した12AX7A-12B4Aでの周波数特性。0dBが1Wと125mWの違いがあるにせよ、NFBが1dB程度違うだけでこんなに特性が変わるものなの?

今回はZobelを入れている。0.1uFと10Ωによるカットオフ周波数は159KHz。効きすぎかもしれない。2段構成のアンプだし、元は入れていなかったし、要らないっちゃあ要らないかも。

Zobelを外して1W時の周波数特性を調べてみよう。同じような特性になるはず。


画像

クロストーク特性。20Hz~20KHzでは-73dB以下となっている。特段良くないが問題ないレベル。


画像

Lchの歪率特性。各周波数がよく揃っている。5%歪みでは3.8W。出力が増えたのは+Bが上がったためだろう。


画像

Rchの歪率特性。各周波数がよく揃っている。5%歪みでは3.7W。

特性測定結果は、心配した残留ノイズは低レベルだしクロストーク特性も問題なかった。周波数特性が気になる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック