PCL83 CSPPアンプ・本番機の組み立て

PCL83 CSPPアンプ本番機の組み立てを始めた。外装パーツは問題なく取り付けできた。真空管ソケットはM3スペーサーを使って下付けにしてみた。放熱は大丈夫かな?

OPTを固定する際にスリーブを使ったので配線の挟み込みが起きなかった。OPTケースのクリアランスを多く取ったから仮固定した後に位置を微調整する必要があった。電源トランスやチョークも同様に位置を調整した。


画像

フロントパネルに保護紙を作って貼り付けた。ここまではどうやら傷をつけずに済んだみたい。

その後配線をスタート。AC1次配線を済ませて電源トランスの電圧を確認。+B電源基板と+B1・-C・6V系の基板を取り付けて配線した後に電圧を確認。ここまではOK。

OPTの1次配線及びカソードバイアスの基板に配線を取り付ける。これを済ませたら真空管ソケット周りの配線とCR取り付け。後はアンプ部周りの配線を取り付ける状態にして一気にハンダ付け。


画像

カップリングコンデンサのシールド板をアルミ板で作成。穴が開いているのはアースラグをビスで固定するため。シールド板はシャーシにボンドで貼り付けた。シールド板はシャーシにアースした。

最後にカップリングコンデンサと入力のシールド線、アンプ部GNDをシールド線に巻きつけながら配線したら完了。


画像

こんなかんじになった。試作機よりすこしは見栄えがするように配線を心がけたけど殆ど同じ。

基本的にはバラして組み直しただけだからちゃんと動作すると思うけど、しっかり配線チェックを行ってから動作確認に移る。
  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック