PCL83 CSPPアンプ・解体~塗装

回路がフィックスしたのでPCL83 CSPPアンプ試作機を解体した。今回はOPTのトランスケースや電源トランスの上部カバーを再塗装する。同時進行でシャーシと裏蓋の塗装を行う。


画像

解体してバラバラにしたところ。端子についたハンダはSPPONで大まかに取り除き、ハンダ吸い取り線できれいにした。


画像

トランスケースや電源トランスの上部カバーは凹みや塗装ムラがある。


画像

HOLTSの薄付けパテを使ってみた。これは硬化剤が不要なタイプ。


画像

パテを塗ったところ。


画像

シャーシと裏蓋は罫書き線や溶接跡をペーパーをつけたリューターで削った。


画像

浴室で水研ぎ。シャーシと裏蓋はペーパーで縦横斜めに傷をつけた。かなりいいかげん。


画像

今回使用するスプレー。マットの黒はトランス用、ダークグレーマイカメタリック1E9はシャーシと裏蓋用で上塗りにクリアが必要。撮り忘れたけどプライマーにはホルツのプラサフ・グレーを使う。


画像

簡易焼付塗装をやっているところ。温度は50℃~70℃なので違和感がある人は高温乾燥と読み替えてほしい 。塗装はプラサフ2回、マットの黒を2回吹いた。


画像

シャーシと裏蓋はプラサフ2回、本塗装2回、クリアを3回吹いた。


画像

トランスケースは完全には凹みが消えていないけれどまあこんなもん。この後は自然乾燥を行い溶剤を完全に飛ばす。左側に写っているダンボールはネジの頭を塗装したもの。
  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック