TF-3版トランス式USB DACのクロストーク特性

拙宅でメインに使用しているトランス式USB DACについて、クロストーク特性を測定してみた。

USB DACの左右チャネル間クロストーク対策・・・インダクタ実装上の注意より、インダクタの相互干渉によるクロストークの劣化を問題にしている。


画像

TF-3トランス式USB DACの内部。黄緑色のがインダクタで、距離は5cmくらい離れている。


画像

クロストーク特性を上記に示す。1KHz・0dBでの出力は1.11V。結果は20Hzで-68dB、20KHzで-75dBだった。20Hz~20KHzでは-68dB以下となっており全く問題ない。インダクタ同士の相互干渉が現れやすい高域でも劣化が少なく、むしろ低域のほうが良くない。


画像

回路図を上記に示す。インダクタは太陽誘電のLHLZ06NB、0.68mHを2個直列にしている。千石電商で扱っていたのだがいつの間にか無くなってしまった。

結果はTF-3トランス式USB DACでは問題なかった。トランス式USB DACは他に2台あるので、そちらでも測定してみるか。
        

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック