10EW7差動アンプ・解体

画像

10EW7差動アンプを解体した。音がどうのというよりはデザインが飽きてしまったのが大きい。バースデーケーキみたいな奇をてらったデザインだと、当初は良いと思っても長期的には難しいんだね。


画像

解体しているところ。


画像

配線がスパゲティ状態だあ!よくこんなの間違わずに組んだよな。線材はAWG22が使われており、現在はAWG24が主体なのに比べて太い。ヒーターを除けばmAオーダーなのだからAWG24で十分。


画像

外したパーツはハンダを取り除き、フラックスクリーナーで拭いてリードを整形した。

PMC-190Mは銀色に塗装してあるけど再利用しよう。ケースは天板をどこかにしまってあるはずだから、前後パネルに新しいアルミ板を使ってプリアンプなどが組める。電解コンデンサの値を測定してみたら容量は94%~110%だった。これも大丈夫だ。

これでワイヤーラックに1台分の空きスペースができた。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック