PCL83 CSPPアンプ・動作確認

配線の完了したPCL83 CSPPアンプの配線チェックを行う。配線しながら回路図にマーキングしていったので、配線チェック自体は2回めに相当する。

大丈夫そうなので真空管を挿して電源投入する。初段はカスコードで真空管を挿さないと動作しないから一気に行う。

+Bと+B1の電圧をDMMで確認すると、やはり設計よりも低めに出た。ヒータータップを使っている6V系と-Cは高かった。DMMをSP端子にACレンジにして接続し、RCA端子に指を触れると電圧が上昇するのを確認。今回も動作一発OKだ。

カソード電流は28~29mAでSG電流は4.2~4.7mA。プレート電流は24mAで設計の20mAより多い。よくよく考えてみるとEp-Ip特性図のSG電圧は170Vで本機は220V程度だからバイアスを深くしないと電流が流れすぎてしまう。Pp maxは5.4Wだから抑えないとまずい。

カソード抵抗を増やすか、あるいはSGをツェナーで降圧するか。SGには電流測定用の10Ωが入れてあるのでツェナーに置き換えたほうが簡単と判断。手持ちで36V 5Wの1N5365Bがあったので交換してみた。


画像

SGにツェナーを入れた時の電圧を上記に示す。SG電流は3.4~3.5mA。プレート電流を計算してみると20mAとなった。SG電圧は対カソードで188V。データシートには170Vと200Vの例が載っており、中間の値なのでまあ良いかな。

+Bと+B1は設計より10V程度低い。AC100Vが実測102Vあるので設計値との差は8V程度の差となっている。


画像

簡単に特性を調べてみた。利得は設計の30.7倍に対し多め。DFは4.0とまあまあ。残留ノイズはLchが少し多め。出力はオシロの読みで5.6Wと設計での7.2Wより低い。+Bが低めのほかに特性図の肩特性が丸まっているのかもしれない。
    

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック