PCL83 CSPPアンプ・平ラグパターン設計

平ラグは15P(アンプ部)・4P(+B電源)・10P(+B1電源他)を予定していた。ところがアンプ部の15Pには到底パーツが乗り切らないことが判明した。

回路構成がほぼ同じ6T9 CSPPアンプでは12P×2個となっている。24Pが15Pに減って9P分が立ラグに乗るかといったら無理だ。そこで1L2Pの立ラグを1L3Pの立ラグ小に変更し、シャーシ内に6Pの平ラグを1個追加することにした。


画像

OPTの配線穴のところには追加した6Pの平ラグを置き、真空管ソケット下には1L3Pの立ラグ小を配置する。


画像

+B電源基板。パターンが気に入らないが4Pに収まっている。


画像

+B1電源・6V系・-C電源基板。10Pを予定していたがラグが余った。


画像

アンプ部基板。2SK117の発振防止ゲート直列抵抗はFETの足に直付けする。真ん中が1P分余っている。


画像

追加した6Pの平ラグにはカソードのコンデンサと抵抗、NFB抵抗を取り付ける。

当初の見積もりが甘かったが、無い頭をひねって考えたらこんなふうになった。
         

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック