6550 CSPPアンプ・110Hzの歪率改善

ブートストラップに改造した6550 CSPPアンプは110Hzの歪率が0.1%より下がらず1KHz・10KHzと乖離している。そこで+BにFETリプルフィルタを入れることで改善されるかどうか実験してみた。


画像

追加したFETリプルフィルタの回路を上記に示す。10uFの電解コンデンサが無かったので3.3uFで代用。


画像

FETリプルフィルタは3Pの平ラグに組んだ。FETは無信号時0.5Wの発熱だからヒートシンクは不要だが、最大出力試験時に壊れたら困るので小さいのを付けてある。

とりあえずLchだけでテスト。追加前の+Bのリプルは230mVrms、追加後は23mVrmsとなった。1/10に減少したことになる。FETリプルフィルタ挿入で+B電圧は4.6V低下し345Vとなった。


画像

歪率特性を上記に示す。110Hzの歪率がグンと下がって1KHz・10KHzとほぼ一致した。5%歪みでの出力は追加前の39Wに対し37Wに低下した。


画像

こちらはFETリプルフィルタ追加前の歪率特性。

やはり+Bの残留リプルが110Hzの歪率に影響していることが確かめられた。リプルフィルタ追加による出力減は2W程度。

回路的にはダブルチョークが出力の落ちが少ないと思われるし簡単。ただ費用的にはFETリプルフィルタが良いし、追加スペースも小さくて済む。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック