6550 CSPPアンプ・+Bのリプル低減

ブートストラップに改造した6550 CSPPアンプは110Hzの歪率が0.1%より下がらず1KHz・10KHzの歪率と乖離している。原因はおそらく+Bの残留リプルと思われる。

プレートチョーク版ではプレートチョークに行く電源にCRを入れてリプルを約1/10に減らすことで110Hzの歪率が改善したが、ブートストラップ版では電圧降下が大きくなり使えない。そこで思いついた方法でリプル低減を考えてみることにした。電圧降下やリプルの算出はLTspiceを使った。


画像

現状の回路。+Bは350Vでリプルは約107mV。


画像

チョークを1Hから3Hに変更(CH-1150→CH-3100Z)、C2を47uFから100uFに増量。+Bは344.7Vでリプルは約15mV。


画像

1Hのチョークをダブルにし、C3を追加。+Bは347.6Vでリプルは約3.9mV。


画像

FETリプルフィルタを追加。+Bは345.2Vでリプルは約3.4mV。


画像

対策を表にまとめてみた。チョークのインダクタンスを増やしてもリプルを1/10に減らすことはできず、ダブルチョークかFETリプルフィルタが有効。コストはFETリプルフィルタが一番安くてリプル低減が大きい。

トランジスタリプルフィルタも検討してみたが、出力電圧がFETリプルフィルタに比べて1.5V高くなるだけなので微々たる差だった。

FETリプルフィルタが110Hzの歪率低減に効くのか、試してみるのには一番手軽で良さそう。
    

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック