6550 CSPPアンプ・ブートストラップに改造

6550 CSPPアンプはプレートチョークによるドライブとしているが、ブートストラップの音も聴いておこうと思った。基本的にはプレートチョークを外し、ドライブ管のプレートを対極の出力管のプレートに抵抗を介してつなげば良い。


画像

回路図を上記に示す。赤枠で囲ったところが今回の変更箇所。6550のグリッド抵抗を47KΩから100KΩに変更している。データシートで固定バイアス時のグリッド抵抗は50KΩ以下の指定があるが、軽い動作でもあるし気にしないこととする。

改造はプレートチョークの配線を外し、抵抗4本を取り付け、グリッドバイアス抵抗を交換するだけだから簡単だった。回路図に実測の電圧を記入した。初段電源が高めのために5687WAのグリッドDC電圧やカソード電圧が高めだが問題ない。

じつは改造後に電源を入れたらLchのゾベル抵抗から煙が出たので慌てて電源を切った。どうも異常発振らしい。ところが測定機器をつなぐと再現しない。それでもダミー抵抗オープンでRCA端子に何もつながないと起こることがわかった。

発振周波数は170KHzで振幅は15Vrmsくらい。強烈な発振だ。発振した状態であちこちつついてみたらプレートチョークの配線をいじると電圧が変化することがわかった。

原因はプレートチョークの+B配線を外さないで5687WAプレートへの配線をカットしフローティングにしたためだった。プレートチョークの全部の配線を外したら発振が止まった。やれやれ。


画像

ブートストラップ版の諸特性を測定した。NFBはプレートチョーク版と同じ1.3KΩ、位相補正は390pFのまま。利得とNFB量、出力はほぼ同じ、DFは12.5から9へ低下、周波数特性は低域と高域が伸びた。


画像

周波数特性。1MHzまでピークやディップは見られない。


画像

クロストーク特性。20Hz~20KHzでは-92dB以下。


画像

Lchの歪率特性。途中が切れているが0.008%まで下がっている。110Hzが下がらないのは+Bの残留リプルのためと思われる。5%歪みでの出力は40W。


画像

Rchの歪率特性。こちらも同じ傾向。5%歪みでの出力は36W。

特性では110Hzの歪率以外は問題ない。気にしなければそのままでいけそうだけど気になるなあ?

早速試聴してみた。繊細で澄み切った感じ、スケール感は変わらない。先日比較試聴した6T9 CSPPアンプに音色が近くなり現代的なサウンドといった雰囲気。こちらのほうが似合っているし、音色も好みだ。

プレートチョークとブートストラップの比較では、私はブートストラップのほうが好きかもしれない。17JZ8 CSPPアンプで見られたブートストラップでの特性悪化や音の印象とは違うようだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック