6550 CSPPアンプ・110Hzの歪率特性解析その1

画像

6550 CSPPアンプは110Hz※の歪率が下がらず1KHzや10KHzと異なるカーブを描いている。ドライブ段や出力段のDCバランス調整をしてみても下がらない。何が原因なのだろうか。
※100Hzではオーディオアナライザの針が大きく振れてしまい測定できないので110Hzとした。


画像

まず無帰還の状態にして歪率特性を測定してみた。結果は全体が持ち上がった形になった。NFBは正常にかかっていることがわかった。


画像

測定周波数で歪率がどのようになっているのか、0.01W/0.1W/1Wの各出力で周波数歪率特性を測定したのを上記に示す。複雑なカーブを描いているが、周波数が低くなるに従い歪率が高くなっていく様子が見て取れる。


画像

出力段か前段なのか原因を切り分けるために6T9 CSPPアンプの前段で6550をドライブしてみた。110Hz/1KHz/10KHzの各周波数で歪率が大きく異なることはなく、原因が前段(初段~ドライブ段)にあることがわかった。

初段はFETの差動アンプなので、周波数で歪率が複雑に変化することは考えにくい。5687WA~プレートチョークで何かが起きているのではないか。


画像

5687WAのカソード抵抗を3.4KΩから3KΩに減らし、1ユニット当たりの電流を6.2mAから7.1mAに増やしてみた。結果は高域でわずかに違いが見られるものの、同じようなカーブを描いている。


画像

今度は変換ソケットを作って5687WAから12AU7Aに変えてみた。110Hz/1KHz/10KHzの各周波数で歪率がほぼ一致したが全般に高め。


画像

12AU7Aで歪率特性を調べてみた。なんじゃこりゃ!?のカーブになった。いちおう各周波数で特性カーブがほぼ同じものの、何をどうしたらこんなカーブになるの?


画像

別の12AU7Aで試した結果が上記のグラフ。傾向は変わらなかった。


画像

5687WAの代わりに6N6Pでも試してみたが、110Hzのカーブは0.11%より下がらなかった。


画像

結局原因は何かわからなかったが、入力の大小に関わらず110Hzには一定の歪みが発生しているようだ。一体何が?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

すけさん
2017年04月24日 21:46
おんにょさんこんばんわ。実験でプレート負荷を抵抗に変えたらどうなるんだろう?終段をつがないで遊んでみるのも良いかも。
おんにょ
2017年04月24日 21:54
すけさんこんばんは。
6T9 CSPPアンプの初段を使ってドライブした時には低域の歪率が下がらないことは無かったので、プレートチョークの回路に原因があることは絞り込めています。12AU7の妙な歪率カーブは原因がわかりません。
すけさん
2017年04月24日 22:08
おんにょさん、無線の真空官のファイナルのチョークコイルの巻き方で周波数的にホール状態ができて燃やしてしまうことが有りますが、トランス自体の何かがあるんでしょうかねー?
klmnji
2017年04月24日 22:15
プレートチョークのDCバランスのズレでしょうか?
あとは、5687のカソードを抵抗から定電流にしてみることぐらいしか思いつきません。
すけさん
2017年04月24日 22:20
5687のカソード抵抗を片側づつ個別にしたら?面白いかも。
おんにょ
2017年04月24日 22:22
klmnjiさんこんばんは。
プレートチョークのDCバランスを調整しても110Hzの歪率は下がりません。5687のユニットごとに独立定電流回路にしてコンデンサでつなげばDCバランス調整が不要となりますが大げさですよね。
71Aが好き
2017年04月25日 10:56
おんにょさん、こんにちは。
周波数が下がるにつれて大きく歪率が悪くなる点や12AU7Aに差し替えた場合のほうが歪率が悪いことから、プレートチョークのインダクタンスが想定している値よりも低いのではないでしょうか?
インダクタンスが低いと、低域の交流負荷が重くなりロードラインが立ってきて、歪率が悪くなります。(12AU7Aのほうが内部抵抗が大きいため、負荷が重い時の歪率は悪いと予想されます。)
そんなことはないと思いますが、センタータップの巻線がセンターではないとかであれば、つじつまが合いますけど。。。
おんにょ
2017年04月25日 18:46
71Aが好きさんこんばんは。
原因は意外なところにありました。詳細は本日(4/25)の拙記事をご覧ください。12AU7Aではやはりコブがある歪率特性のままでしたので掲載しておりません。
KL10-05はコアギャップが無いタイプで120Hz1Vにおいて250H~270Hx2あるようです。十分だと思います。
25E5で検索するとトップに出てくるPDFには5814(12AU7の高信頼管)でドライブした例が載っています。ちゃんと100Hzの歪率も他の周波数と変わらないカーブとなっています。拙アンプはまだ何か電源のリプルの影響を受けているように思えます。
71Aが好き
2017年04月28日 18:09
おんにょさん、こんばんは。
歪の件は改善したようで何よりです。ドライブ段の残留リプルが原因だったとは意外ですね。差動回路なので影響は少ないと思っていました。
それと私には何故、歪率のカーブが横一直線(出力によらずほぼ一定)になるのかが分かりません。リプルの影響であれば、小出力時のほうがより影響を受けそうに思えるので。。。
残留リプルというよりは、電源のインピーダンスの影響でしょうか?
おんにょ
2017年04月28日 18:59
71Aが好きさんこんばんは。
電源のリプルが多ければ全部の周波数で小出力時の歪率が高くなるはずです。
どうもプレートチョークドライブは不可解な動作をしますね。
12AU7Aの妙な歪率カーブといい、理由がわかりません。

この記事へのトラックバック