6FJ7シングルアンプ・クロストーク対策

聴感上は変わらないとわかっているんだけど、右側の6FJ7を180度回転させることによって2本のタマの電力増幅側ユニットを接近させ、電圧増幅側ユニットを遠ざけてクロストークがどう変わるのか調べてみた。


画像

シャーシ内部。右側のソケットが180度回転しているのがわかるだろうか。残留ノイズはLchが32μV、Rchが80μVで変化が無かった。


画像

クロストーク特性を上記に示す。グラフの2本の線を一致させることができなかったが、L→Rが改善し、R→Lが悪化している。R→Lが悪化したのは飛びつきの距離が縮まったため。


画像

左右のタマの電極の見え方、ヒーターの光り方が違うのを許せるかどうか。右側のタマはコの字形の放熱板に遮られているのでヒーターの光るのが見えない。

何もこんなことをしなくても左右のタマの間にアルミ板を立てれば解決するが、デザイン上良くないのと聴感上変わらないのにわざわざそんなことをしなくても、という思いがある。

聴いてわからないのなら許したら…でも気になるなあ。

駄耳の私による試聴結果を書いておくと、スケール感があり超低域は出ないものの必要十分な低音感があり、ピアノの音は柔らかく響くんだけど繊細な曲はそのように再生するし、クロストーク特性は良くないのだが自然な音場感がある。

完成直後はベールのかかったような音で高音も低音も出なくてこんなの作るんじゃなかったと後悔したほど。でも我慢して聴いていたらどんどん変わり、景色がパーッと開けた感じになった。6DN7で見込んだ音色を6FJ7でも持ち合わせているみたい。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

71Aか好き
2017年02月10日 20:06
おんにょさん、こんばんは。
私も見た目は気になってしまうほうです。
電力増幅ユニットと電圧増幅ユニットとが左右ではなく、
前後になるように向きを変えてみてはいかがでしょうか?
シャーシの穴あけを変更するか、
ソケットを取り付け位置が90度異なるものに
変更する必要がでてしまいますが。。。
おんにょ
2017年02月10日 21:51
71Aが好きさんこんばんは。
いま使っているシンチのコンパクトロンソケットを90度回しても6FJ7の電極が15度くらいずれているのでクロストーク特性は左右同じにならないと思うんです。中国製のセラミックソケットなら解決しますがソケット穴径が30mm、取付ビス間が38mmで放熱穴との距離が足りません。見た目を同じにしてクロストークを無視、聴いてわからないのなら許したら、に気持ちが傾いています。

この記事へのトラックバック