6FJ7シングルアンプ・試作機の組み立て~配線中

画像

6FJ7シングルアンプ試作機の組み立てを始めた。仮組みを解体してシャーシの保護ビニールを剥がし、再度組み立てる。


画像

OPTの配線がとぐろを巻いていて邪魔なので先に処理しよう。

OPTの2次側配線を長いままSP端子にぐるりと回したが、邪魔なので本番機では短くカットするつもり。緑黒のNFB配線も取り付けた。

AC1次配線はいつものとおりにした。ついでにヒーター配線も済ませる。ここには1.8A流れるのでAWG22にした。配線は短いし電圧降下をあまり考えなくても良いだろう。


画像

シャーシ内部はこんな感じになった。シャーシが小さいから相対的に配線が多く見える。


画像

角度を変えてもう1枚。いつもの見慣れたシャーシ内部。ここで電源投入して電源トランスとヒーターの電圧をチェック。


画像

真空管を挿して点灯式。ヒーター電圧はAC6.5Vくらい。


画像

ヒーターが灯っているようす。


画像

続いて電源基板の動作チェックを済ませてしまう。配線を取り付けて電源投入、+Bは350Vくらいまで上昇。AC入力は270Vくらいだったから1.3倍で妥当な感じ。チョーク後と+Bの電位差は12.6Vくらい。すこし電位差が大きめだが正常動作していそう(設計は11V)。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック